キムタク×月9やはり強し! 「HERO」最終回は22.9% “冷夏”乗り切る

最新ニュース

好発進を切った月9ドラマ「HERO」/(C) フジテレビ
  • 好発進を切った月9ドラマ「HERO」/(C) フジテレビ
  • 新ヒロインの北川景子/月9ドラマ「HERO」記者発表会
  • 新ヒロインの北川景子&濱田岳&角野卓造&松重豊/月9ドラマ「HERO」記者発表会
  • 小日向文世/月9ドラマ「HERO」記者発表会
  • 新旧事務官対決・温水洋一&小日向文世/「HERO」/(C) フジテレビ
  • 大塚寧々演じる美鈴検事/「HERO」/(C) フジテレビ
  • 大塚寧々演じる美鈴検事/「HERO」/(C) フジテレビ
  • 吉田羊/月9ドラマ「HERO」記者発表会
木村拓哉・主演の月9ドラマ「HERO」が22日(月)の放送を持って最終回を迎え、その視聴率が22.9%という高視聴率を獲得、瞬間最高視聴率は25.3%を記録した。

7月より放送を開始し、初回視聴率が2014年放送全ドラマの中で最高視聴率となる26.5%を獲得、その後も高視聴率をキープし全10回平均で21.0%という高視聴率を叩き出していた本作。

注目を集めていた21時台のドラマの視聴率が軒並み一桁台を記録してしまい、“冷夏”といわれた今年の夏のドラマ。そんな中での、20%前後で推移していた本作は特に大きな注目を集めた。

最終回で22.9%を記録したことにより、放送全11回で平均21.3%を獲得。最終回で瞬間最高視聴率25.3%を獲得したのは、22時7分、南雲被告の公判において久利生が真実と正義を求める発言を受け止めた後、証人の国分(井上順)が15年前の真実について告白を終え、「検察からは以上です」と久利生が発言を終えるあたり、というドラマのクライマックスシーンだった。

続編やリメイク作品が厳しい状況の中、2001年のシリーズ第1弾からの出演となる久利生公平役の木村さんを始め、次席検事牛丸豊役・角野卓造、末次事務官役・小日向文世、遠藤事務官役・八嶋智人、さらに警備から事務官に昇格した井戸事務官役・正名僕蔵、「あるよ」でおなじみのSt.George's Tavernマスター役・田中要次といったオリジナルキャストに加え、麻木事務官役・北川景子、田村検事役・杉本哲太、宇野検事役・濱田岳、馬場検事役・吉田羊、小杉警備員役・勝矢、川尻城西支部部長役・松重豊、といった新規参入組らの見事なチームワークが花開いた形となった。

プロデューサーの渡辺恒也氏は「13年ぶりの連ドラにも関わらず、シリーズを通してこれほど多くの方に支持していただけて、スタッフ・キャスト一同、本当に励みになりました。『HERO』は検察という現場で働く人たちの物語でしたが、このドラマを通じてそれぞれの仕事や日々の生活の中で、前向きでいることの力強さを感じてもらえていればうれしいです。最後まで応援してくださってありがとうございました!」と感謝のコメントを寄せている。

全11回の平均視聴率21.3%は、2014年のゴールデン・プライムタイムに放送されている全レギュラー番組中でトップ。“キムタク×月9”の黄金タッグ、その底力を見せつける結果となった。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top