【予告編】鬼才デヴィッド・フィンチャーが仕掛ける新たな衝撃…『ゴーン・ガール』

映画

『ゴーン・ガール』ポスター (C)2014 Twentieth Century Fox
  • 『ゴーン・ガール』ポスター (C)2014 Twentieth Century Fox
  • 『ゴーン・ガール』(C)2014 Twentieth Century Fox
  • ベン・アフレック-(C) Getty Images
『セブン』『ドラゴン・タトゥーの女』など、予想を裏切るストーリーを、ミュージッククリップのようなスタイリッシュな映像で見せるハリウッドの鬼才デヴィッド・フィンチャー。その最新作『ゴーン・ガール』(12月12日公開)から、このたび、衝撃の本予告編と、映画の世界観が伝わるミステリアスなポスター画像が解禁となった。

誰もが羨む結婚生活を送っていたニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)。しかし結婚5周年の記念日に、エイミーが忽然と姿を消し、夫婦の日常が破綻する。リビングからは争った形跡、キッチンからはエイミーの大量の血痕が発見された。警察は他殺と失踪の両方の可能性を探るが、アリバイが不自然な夫・ニックに疑いの目を向けるようになる。

このミズーリ州の田舎町で起きた失踪事件は、全米から注目を集め、メディアは暴走。夫婦の隠された素性も暴かれ、やがて事件は思いもよらない展開を見せていく――。

今回到着した映像は、“国中で最も憎まれてる男”と言われるニックが、焦点の合わないぼんやりとした目をして、テレビ出演しているシーンから始まる。そしてエイミーの日記と、事件の捜査に協力するニックたちのシーンが交差し、“キッチンの大量の血痕”や“結婚記念日の宝探しのメッセージ”など、不可解な事実が次々と映し出されていく。フィンチャーらしい低音で単調な音楽が、不穏な空気を包み、まさに登場人物の胸騒ぎが聞こえてくるようだ。



そしてポスターには、「本当に大切なものはいつも失って初めてわかる」という意味深なメッセージ。誰もが羨む夫婦の完璧な妻に、一体何が起きたのだろうか…。

本作の原作は、アメリカで600万冊以上を売り上げ、「NYタイムズ」ベストセラーランキング1位を記録したギリアン・フリンの同名小説。夫のニック役には、監督作『アウトロー』のロザムンド・パイク。

そして楽曲を手がけたのは、フィンチャーとは3度目のタッグとなった「ナイン・インチ・ネイルズ」のトレント・レズナーと、プロデューサーのアッティカス・ロス。2人は、『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の「作曲賞」を、『ドラゴン・タトゥーの女』ではグラミー賞の「最優秀サウンドトラック賞」を受賞している。

消えた妻。疑われる夫。過剰なマスコミ。国中の視線。怪しい男。手紙。血痕。人形…フィンチャーが畳みかけるように仕掛ける衝撃を、まずはこちらの映像でご覧あれ。

『ゴーン・ガール』は12月12日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top