気鋭の表現者・杉野希妃、斎藤工出演『欲動』ほか衝撃の2作連続公開

映画

三津谷葉子&斎藤工/『欲動』 (C)2014『欲動』製作委員会
  • 三津谷葉子&斎藤工/『欲動』 (C)2014『欲動』製作委員会
  • 杉野希妃/『ほとりの朔子』外国人特派員協会・会見
キム・ギドク監督の『絶対の愛』などで国際派女優として活動する傍ら、2010年に主演・プロデュースした『歓待』が第23回東京国際映画祭日本映画「ある視点」部門を受賞するなど、プロデューサーとしても国内外から注目されている杉野希妃。

翌11年には第24回東京国際映画祭で「アジア・インディーズのミューズ」として特集も組まれた杉野さんが、監督を務めた三津谷葉子×斎藤工W主演の『欲動』と、自ら主演&プロデュースを務めた『禁忌』という、いずれも衝撃的な内容の2作が、今秋、連続公開されることになった。

『歓待』や『おだやかな日常』(’12)、二階堂ふみ主演の『ほとりの朔子』(’14)などのプロデュース及び出演、そして監督・出演・プロデュース作の『マンガ肉と僕』が2015年に公開待機中と、まさにアジアを代表する、引く手あまたの女性クリエーター&表現者のひとりである、杉野さん。

『欲動』は、『愛の渦』での“裸”OL役も記憶に新しい三津谷さんと、連続ドラマ「昼顏~平日午後3時の恋人たち~」で、いまや最もセクシーな男性俳優となった斎藤さんがW主演。

バリ島を舞台に、生きてゆく女と死にゆく男の性愛と心情を繊細に描き出してゆく。ガムラン(東南アジアの民族音楽)による音楽や、ケチャ(バリ島の男声合唱による呪術的な踊り)など、バリ島オールロケによる数々のシーンは圧巻。

また、病に苦しみ、死への恐怖から不安定になってしまう繊細な夫役の斎藤さんと、そんな夫に対して気丈に振る舞う母性溢れる妻役を好演した三津谷さんとの刹那的で美しい、ダイナミックなベッドシーンは官能的だ。

ベルリン映画祭で話題になったインドネシア映画『動物園からのポストカード』のスタッフも多く参加しており、現在開催中の第19回釜山国際映画祭・アジアの窓部門に正式出品中と、内外から注目必至の1本となっている。

一方、杉野さんが自らの肢体を惜しみなく披露しながら、監禁、レイプ、少年愛と、衝撃のタブーに踏み込んだプロデュース作『禁忌』は、2012年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で話題となった『小さなユリと 第一章・夕方の三十分』の和島香太郎が長編初監督を務めた。

恋人がいながらも女生徒と関係を持つ女子高教師サラ(杉野さん)は、サラの父親・充に監禁されていた少年・望人との出会いから、自身が少年愛者だと自覚し、性的な関係を持ってしまう。

2人は奇妙な共同生活を送るが、少年であったはずの望人は次第に成長、少年から大人へと変わり始める。サラに対する思いを恋と錯覚する望人は、少年であり続けるために自らある行動をとるが…。

杉野さんが演じるサラに、性行為を強要される少年という難役を演じたのは、『桐島、部活やめるってよ』『アゲイン 28年目の甲子園』、杉野作品である『ほとりの朔子』、『マンガ肉と僕』など話題作に多数出演する若手実力派の太賀。さらにベテラン俳優・佐野史郎が脇を固め、モーツァルトの旋律にのせながら禁断の世界を紡いでいく。

杉野さんは、自身も体当たりで挑んだ『禁忌』について、「和島監督がオリジナルで書かれた『禁忌』の脚本を最初に読んだとき、衝撃を受けました。類を見ない三角関係の物語、これまで演じたことのない難しいキャラクターに挑戦してみたいと強く惹かれました」とコメント。

さらに『欲動』については、「6年前からの企画です。バリ島という生命力溢れる場所に、三津谷さんと斎藤さんの孤独な佇まい、無駄なものを削ぎ落とした美しさが一層映えます」と明かす。

「『欲動』も『禁忌』も、究極の場に立たされた人たちを描いています。主人公は抑圧されながらも何かを渇望し、ある時にその欲望を制御できなくなる。女性独特の熱情を表現できたらと思いました」とアピールする杉野さん。

キャストにも要注目の、濃密なこの2作の世界観を、ぜひ堪能してみて。

『欲動』は11月22日(土)より、『禁忌』は12月6日(土)より新宿武蔵野館にてレイトショー公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top