『ジュラシック・パーク』最新作ほかユニバーサル2015年の公開作品発表!

映画

(C)2014 Universal Studios
  • (C)2014 Universal Studios
  • 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 (C)2014 Universal Studios
  • 『ジュラシック・パーク4』の監督に抜擢されたコリン・トレボロウ監督(右)&プロデューサーのスティーヴン・スピルバーグ(左) -(C) Getty Images
  • 『テッド』  -(C)  UniversalPictures/Tippett Studio
  • アマンダ・セイフライド-(C) Getty Images
  • 『怪盗グルーのミニオン危機一発』-(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
  • ヴィン・ディーゼル&ポール・ウォーカー-(C) Getty Images
『レ・ミゼラブル』『テッド』の大ヒットに続き、今年はスカーレット・ヨハンソンとリュック・ベッソンがタッグを組んだ『LUCY/ルーシー』、この秋公開の『ドラキュラZERO』『6才のボクが、大人になるまで』など、話題作の公開が続く東宝東和配給のユニバーサル作品から、早くも2015年のラインナップが発表。

全世界の女子を虜にした恋愛小説の完全映画化『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(日本公開:2015年2月13日)を始め、『ワイルド・スピード』『テッド』、そして『ジェラシック・パーク』と大ヒット人気シリーズの続編が、相次いで公開されることが分かった。

まずは、先日、日米同日バレンタイン公開が発表された『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は、超ハンサムな大企業の若き起業家兼CEO・グレイ(ジェイミー・ドーナン)と、恋愛未経験の女子大生・アナ(ダコタ・ジョンソン)との危険な恋愛を描いた大人のラブストーリー。

英国在住の女性がネットに発表した原作小説は瞬く間に話題をよび、50か国以上で出版されると、世界規模の社会現象に。国境を越え、世代を越えて、全世界の女性たちを魅了したベストセラー恋愛小説の映画化となる本作は、日本でも大きなうねりを巻き起こすことは、まず間違いない。

また、故ポール・ウォーカーの勇姿も収められた「ワイルド・スピード」シリーズ最新作『ワイルド・スピード7』(仮題)は、再び東京が舞台に。さらにアブダビ、ロサンゼルスと世界中をまたにかけ、壮大な戦いが繰り広げられる。今回の最強の敵として、ジェイソン・ステイサムが参戦していることにも注目だ。

夏休みには、『怪盗グルー』シリーズのミニオンが主役となる3D最新作『ミニオンズ[3D]』(原題)が登場。再び日本の夏を、黄色い“HAPPY”に包んでくれそうだ。また、一大ブームを巻き起こした“奇跡の”R指定テディベア『テッド』の続編『テッド2』(原題)にはマーク・ウォールバーグに加え、アマンダ・セイフライド、リーアム・ニーソンが出演する。

注目すべきは『ジュラシック・パーク』シリーズの最新作『ジュラシック・ワールド[3D]』(原題)。かつてない極秘裏のなか製作されており、すべてはベールに包まれたままだが、20年の時とともに進化した最先端テクノロジーによる “ジュラシック・ワールド”が展開されるはず。製作総指揮はもちろんスティーヴン・スピルバーグ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で注目されたクリス・プラットが出演する。

さらに、『レ・ミゼラブル』のエディ・レッドメインが“車椅子の物理学者”スティーヴン・ホーキング博士に扮し、オスカー有力候補作品として話題の『セオリー・オブ・エブリシング』(原題)、『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーブン・ダルドリー監督による感動作『トラッシュ』(原題)、そしてクリス・ヘムズワース主演、マイケル・マン監督最新作『ブラックハット』(原題)、ジョシュ・ブローリン×ジェイク・ギレンホール×エミリー・ワトソンによるアドベンチャー超大作『エベレスト [3D] 』(原題)など、2015年も目の離せない作品が続いている。

・『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』Fifty Shades of Grey
日米同時公開:2015年2月13日(金)
・『ワイルド・スピード7(仮題)』Fast&Furious 7
北米公開:2015年4月3日 日本公開:2015年4月17日(金)
・『ミニオンズ [3D](原題)』MINIONS[3D]
北米公開:2015年7月10日 日本公開:2015年7月31日(金)
・『ジュラシック・ワールド[3D]』(原題)Jurassic World[3D]
北米公開:2015年6月12日 日本公開:2015年8月7日(金)
・『テッド2(原題)』TED2
北米公開:2015年6月26日 日本公開:2015年8月28日(金)
・『トラッシュ(原題)』Trash  北米公開:2014年 日本公開:2015年上半期
・『セオリー・オブ・エブリシング(原題)』Theory of Everything 
北米公開:2014年11月7日 日本公開:2015年上半期
・『ブラックハット(原題)』BLACKHAT
北米公開:2015年1月16日 日本公開:2015年上半期
・『エベレスト [3D](原題)』Everest [3D]
北米公開:2015年2月27日 日本公開:2015年下半期
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top