表参道ヒルズのクリスマスに巨大ジオラマツリー登場! ノスタルジックな心温まる雰囲気を演出

最新ニュース

表参道ヒルズのクリスマスに巨大ジオラマツリー登場! ノスタルジックな心温まる雰囲気を演出
  • 表参道ヒルズのクリスマスに巨大ジオラマツリー登場! ノスタルジックな心温まる雰囲気を演出
  • ジオラマで作られた楽器の村。
  • ツリー中心部にそびえたつ教会。
  • 家を覗くと、住民たちの生活する様子が見える。※画像はイメージ
  • アッシュ・ペー・フランス株式会社のクリエイティブ・ディレクター馬場雅人氏。空間演出/デザインを手がけた。
  • 株式会社クローカのアーティスト矢島沙夜子氏。演出/ツリーデザインを担当。
毎年クリスマスシーズンのイルミネーションで話題になる、表参道ヒルズの本館 吹抜け大階段に設置される巨大なクリスマスツリー。今年も11月6日(木)から12月25日(木)の間、「OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2014 with Moët & Chandon」と題したクリスマスプロモーションがスタートする。

今年は「Symphonic Forest ~聖なる森のクリスマス~」をテーマに、高さ8m、音楽を奏でる“世界最大級”のジオラマツリーが登場する。ツリーは、教会を中心にトランペットなどの金管楽器、ハープやバイオリン、チェロなどの弦楽器、ティンパニなどの打楽器、フルートなどの木管楽器といった6つの楽器の村を含む、18のジオラマの村で構成されており、ジオラマの家を覗くと、内蔵されたモニターに住民たちが生活する様子が映し出される。

20分に1回、約3分間の特別演出が行われ、6つの音楽の村がチューニングを始め、街全体で交響曲を奏で、ジオラマの住民たちは音楽に合わせて踊りながら、クリスマスをお祝い。

また、ツリー全体で、心温まるゴールドのLEDを中心に赤、緑、青を散りばめた、約7,000球のLEDを使用。天井部には約10,000球のLEDを配し、満点の星空を演出。吹抜け空間を囲むスロープの側面には、光りを放つ森をイメージし、約6,000球のLEDとガーランドを設置する。幻想的な光と音のシンフォニーが、森と街を包み込み、クリスマスシーズンのワクワク、ドキドキするようなホットな気持ちを盛り上げてくれる。

デザイン/空間演出は、アッシュ・ペー・フランス株式会社のクリエイティブ・ディレクター馬場雅人氏。デザイン・アート・プロダクトの合同展示会「場と間」を主催するなど、会社の枠を超えて国内外で活動中。演出/ツリーデザインは、株式会社クローカのアーティスト矢島沙夜子氏。2013年5月の「場と間」にて発表した巨大ジオラマで話題を呼び、2014年2月原宿「ROCKET」で行ったチョコレートの展示では延べ7,000人以上の来場を記録した。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top