東京“100年の歩み”を初のフルカラー映像で綴る NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京」

最新ニュース

NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~」
  • NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~」
  • NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~」
  • NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~」
  • NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~」
  • NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~」
  • NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~」
  • NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~」
  • NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~」
2020年のオリンピック・パラリンピックを招致する“TOKYO”。世界の巨大都市の中で、東京だけが経験してきた歴史がある。100年の間に震災と戦争によって2度焼け野原となり、そこから不死鳥のように蘇った不屈の歩みだ。

NHKでは10月19日(日)、東京を撮影した白黒フィルムを世界中から収集、フランスのプロダクションと協力して現実にできるだけ近い色彩の復元に挑んだNHKスペシャル「カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~」(総合テレビ)を放送する。

本番組で描かれるのは、「関東大震災前の東京/明治・大正」(1902~1923)、「関東大震災」(1923)、「震災復興・モダン都市」(1924~1937)、「昭和の戦争」(1937~1945)、「占領・戦後復興」(1946~)の5つの時代で綴る、東京の100年だ。

その激動の歩みをタイムトラベルのような感覚で追体験できる。色を取り戻した映像からは、2度の崩壊のすさまじさ、そこから立ち上がった庶民の喜怒哀楽など、リアルな歴史の手触りが生々しく伝えられる。

何故フルカラー化にこだわったのか? 戦火の恐怖も、復興の活気も、子どもたちの笑顔も、そこには色付いた世界でしか伝えられないものがあるからだ。今回、カラー化にあたりNHKが手を組んだのは、2つの世界大戦の映像をカラー化したシリーズ「アポカリプス」で世界に衝撃を与えたフランスのCC&C社。最新のテクノロジーに加え、国内外の専門家100人以上と綿密な時代考証を行い、色の特定をおこなっていったそうだ。

長く色彩の再現に取り組んできたフランソワ・モンペリエ氏は、色彩の再現について「実際に仕上げてみなければ自然に再現できるかはわかりません。それがもっとも難しいところです。集めた全ての色を一つの映像の中に溶け込ませて一貫性のある自然なものにしなければならないのです」と語る。写真のように止まっているものではなく、そこに動きが加わるだけで、その作業がいかに高度な技術であるかは想像に難くない。

そして、その色は想像ではなく、膨大な資料群から紐解かれた当時の“生”の色だ。炎上する日比谷の帝国劇場、銀座の夜に煌めくネオンライト、戦車部隊のパレード、1945年8月15日に流れた敗戦を告げる玉音放送に放心する人々、そして1959年、五輪マークの隣で揺れる「東京オリンピック招致決定」の文字と歓喜する人々。

海の向こうからやってくる人々に「お・も・て・な・し」をする前に、日本が歩んできたその姿を今一度、その目で確かめてみてはいかがだろうか?

NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~」は10月19日(日)午後9:00~10:13、総合テレビにて放送。
公式サイト:http://www.nhk.or.jp/special/phoenix/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top