爆笑問題・太田、“宮崎駿ぎらい&高畑勲びいき”を公言し過激発言連発!

最新ニュース

爆笑問題・太田光&スタジオジブリの鈴木敏夫(プロデューサー)/『かぐや姫の物語』宣伝コピー公開会議
  • 爆笑問題・太田光&スタジオジブリの鈴木敏夫(プロデューサー)/『かぐや姫の物語』宣伝コピー公開会議
  • スタジオジブリの鈴木敏夫(プロデューサー)/『かぐや姫の物語』宣伝コピー公開会議
  • (C)2013 畑事務所・GNDHDDTK
  • 爆笑問題・太田光&スタジオジブリの鈴木敏夫(プロデューサー)/『かぐや姫の物語』宣伝コピー公開会議
  • スタジオジブリの鈴木敏夫(プロデューサー)/『かぐや姫の物語』宣伝コピー公開会議
  • 爆笑問題・太田光&スタジオジブリの鈴木敏夫(プロデューサー)/『かぐや姫の物語』宣伝コピー公開会議
  • 『かぐや姫の物語』 -(C) 2013 畑事務所・GNDHDDTK
  • 爆笑問題・太田光&スタジオジブリの鈴木敏夫(プロデューサー)/『かぐや姫の物語』宣伝コピー公開会議
爆笑問題の太田光が『かぐや姫の物語』ブルーレイ&DVD発売に際し“特命コピーライター”に就任。10月17日(金)、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーと共に宣伝コピーを考えるための会議を報道陣に公開する形で行った。

誰もが知る日本の古典的物語を、高畑勲が独自の解釈を加えてアニメ化した本作。劇場公開時には鈴木さんが考えた「姫の犯した罪と罰。」というコピーは添えられたが、高畑監督はこれを承認はしたものの、実際に描こうとしたテーマからは外れていると感じ、気に入ってなかったそうで、今回、以前から高畑作品のファンで、本作に関しての公開時から絶賛している太田さんが特命コピーライターに任命されることになった。

太田さんは、高畑作品のファンである一方で、同じジブリの巨匠・宮崎駿のことはハッキリと「嫌い」と公言しており、この日も「ジブリでは(宮崎監督に)スポットが当たることが多いけど、僕は高畑さんの作品の方が真っ当で斬新だと思う。普通じゃ考えられない手間暇をかけていて、動きから何から、世界に誇る技術だと思う」と語り、さらに「あまりに宮崎さんがもてはやされている、実力以上に(笑)!」「もう引退したからいいでしょ? 戻ってこないでしょ?」「(宣伝コピーは)『宮崎以上!』ってどうですか?」などと随所に“毒”を交えつつ、アンチ宮崎&高畑びいきの発言を口にする。

肝心のコピーに関しては、当初「高畑万歳!」など冗談交じりのアイディアを披露していたが、徐々に核心に迫っていく。この日の登場時、太田さんは鈴木さんと並んで立つとすかさず「爆笑問題です」と挨拶し、鈴木さんを見やり「田中(裕二)が急に年とっちゃって(笑)」と語り、会場を笑いに包んでいたが、鈴木さんが求めているのはまさに「こうやってひと言でかぐや姫を紹介すること」だという。

そこから、本作ならではの特徴やかぐや姫とはどういう人物なのか? という点について議論を深めていくが、太田さんは「(かぐや姫は)見方によっては男を振り回すイヤな女!」と語る。

鈴木さんはこれを受け、本作が、少女が初潮を迎え、女性へと成長していく姿を描いていることを指摘し「高畑さんが女性をどう描くかということが垣間見えるし、宮さん(=宮崎監督)とはちょっと違う。『風立ちぬ』がある意味で男にとって都合のいい女を描いたとすると、『かぐや姫の物語』はあまり都合がよくない(笑)」と語る。ここから、太田さんは男性の視点で「女の中の女」「女ってわからない」などのコピーを提示する。

さらに太田さんは、本作および高畑作品の不思議な魅力が時間の移ろいと、そこから生まれる変化にあると持論を展開。2時間を超える長編だが「元々の誰もが知っている『かぐや姫』の物語をそのまま、一切膨らませたり、余計なエピソードを付け加えたりせずに描いている」「良いものが時間の流れの中で変化していく。幸せと思っていたけど、それがそこに留まらない」と語り、コピーにも「留めておけない、掴まえられない感じが出せれば…」と思案する。

このアイディアを元に鈴木さんは「この世は無常」「あゝ無常」といった具体的なコピーへと変換。最終的な結論は持ち越しとなり、DVD&ブルーレイ発売時に六本木駅などで展開されるポスターなどで正式にお披露目されることになった。

太田さんはここまでの議論を踏まえつつ、宮崎作品と比べやや格式高いと思われがちな高畑作品ではあるが「そう思っている人にも観てほしいし、もうちょっと柔らかく表現できれば」とさらに磨き上げたコピーを捻出することに意欲を見せていた。

『かぐや姫の物語』ブルーレイ&DVDは12月3日(水)より発売。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top