【ディズニー】イクスピアリとユニセフがコラボ!“手洗い”の重要性伝えるイベント開催

最新ニュース

イクスピアリ×ユニセフ「世界手洗いの日」イベント
  • イクスピアリ×ユニセフ「世界手洗いの日」イベント
  • イクスピアリ×ユニセフ「世界手洗いの日」イベント
  • イクスピアリ×ユニセフ「世界手洗いの日」イベント
  • イクスピアリ×ユニセフ「世界手洗いの日」イベント
  • イクスピアリ×ユニセフ「世界手洗いの日」イベント
  • イクスピアリ×ユニセフ「世界手洗いの日」イベント
  • イクスピアリ×ユニセフ「世界手洗いの日」イベント
  • イクスピアリ×ユニセフ「世界手洗いの日」イベント
東京ディズニーリゾート内の複合型商業施設イクスピアリでは公益財団法人日本ユニセフ協会との協力の下、10月15日の“世界手洗いの日”に、手洗いの方法を学べるユニークな“世界手洗いダンス”のステージイベントを開催!

地元浦安市内の保育園の招待園児約20名が、ユニセフが推奨する手洗いの大事なポイントをダンスに採用した“世界手洗いダンス”を、今回の振付を担当したダンサーの森山開次さんと一緒に元気いっぱいに踊った。

“世界手洗いの日”は、ユニセフをはじめ、国際機関や大学・企業など13の組織で構成する“せっけんを使った手洗いのための官民のパートナーシップ”が、国際衛生年であった2008年、10月15日を“世界手洗いの日”に制定。せっけんを使った手洗いの普及でセーブする命は世界で約100万人と言われ、毎年10月15日の“世界手洗いの日”にあわせ、世界100か国以上で、2億人以上の子どもたちに“正しい手洗い”を普及するため、さまざまなイベントを開催しているという。この日はイクスピアアリがある舞浜だけでなく、鹿児島、横浜、香川で“世界手洗いダンス”を同時に開催。舞浜ではダンサーの森山さんと園児たちが元気よく“世界手洗いダンス”を踊って、楽しく正しい手洗い方法を勉強した。

また、コーヒーショップのタリーズコーヒーでは、人気の店内イベント“絵本読み聞かせ”を“世界手洗いの日”にあわせ、手洗いに関する絵本を題材に“手洗い絵本読み聞かせ”として初開催。店内のキッズスペースで、従業員がこどもたちに絵本を読み聞かせた。

2Fのセレブレーション・プラザでは、「知ってますか? 手の汚れ」ブースを設置。専用の検査機を用いて手の汚れを数値化する簡単な実験を行い、自分の手の汚れについて改めて知る貴重な機会を提供。手を洗った直後でも予想外に汚れが残った状態に驚くゲストも。

世界では年間630万人もの子どもたちが5才の誕生日を迎えずに命を失い、その原因の約半数は肺炎や下痢、マラリアなどの予防可能な病気だという。せっけんを使って正しく手を洗えれば、100万人もの子どもたちの命が守れるという現実を知る貴重な機会となった。

※写真はすべてイメージです。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top