福くん、フランスの天才子役と対決! 『アメリ』監督作で海外進出に意欲

最新ニュース

けん玉を披露する、鈴木福くん&三節棍を披露する、カイル・キャトレットくん/『天才スピヴェット』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • けん玉を披露する、鈴木福くん&三節棍を披露する、カイル・キャトレットくん/『天才スピヴェット』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 鈴木福くん&カイル・キャトレットくん&ジャン=ピエール・ジュネ(監督)/『天才スピヴェット』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 三節棍を披露する、カイル・キャトレットくん/『天才スピヴェット』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • けん玉を披露する、鈴木福くん/『天才スピヴェット』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 鈴木福くん&カイル・キャトレットくん/『天才スピヴェット』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • カイル・キャトレットくん/『天才スピヴェット』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 鈴木福くん&カイル・キャトレットくん/『天才スピヴェット』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 鈴木福くん/『天才スピヴェット』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
『アメリ』で日本でも人気のジャン=ピエール・ジュネ監督が新作『天才スピヴェット』が第27回東京国際映画祭で上映されるのに合わせ、主演で天才子役と称されるカイル・キャトレットと共に来日。10月27日(月)に舞台挨拶に臨んだ。

ジュネ監督が3Dに挑戦した本作。生まれついての天才ながら、周囲に理解されず孤独を抱えた少年・スピヴェットの心の成長を描き出す。

ジュネ監督は自ら見出したカイルくんについて「絶対に現場で『疲れた』と言わないし、アクションも全て自分でやってます。小さいけど立派なスターです!」と紹介。そのカイルは「コンニチハ、カイル・キャトレットです」と日本語で挨拶したかと思えば、劇中のスピヴェットさながらに6か国語で自己紹介をして会場を沸かせた。

ジュネ監督は満員の客席を見渡し「日本に私のファンが少しはいらっしゃるというのは知ってます(笑)。モンマルトルのカフェの近くに住んでるんですが、そこのカフェには『アメリ』のポスターが貼ってあり、日本から来た観光客の女性がよく写真を撮っているので。『すいません、写真を撮るのでどいていただけますか?』とよく言われるんです」といたずらっぽい笑みを浮かべる。

アメリカを舞台にした本作だが、ジュネ監督は“反ハリウッド”を掲げており「カナダとフランスの共同制作による“ニセアメリカ映画”です」と語る。「なぜか? フランスには自由があります。自由の素晴らしいところは、全てが私の責任だということ。この映画をみなさんが気に入ってくれようと、つまらないと思っても、その責任は全て私にあります」と反骨精神を垣間見せる。

この日は、ゲストとしてカイルくんと同い年の日本が誇る人気子役の鈴木福が来場! 「映画の中のスピヴェットくんを意識した」というオールバックとタキシードでビシッと決めて登場し、花束を手渡した。

カイルくんは7歳以下の武道選手権で3年連続のチャンピオンという経歴を持っており、この日は三節棍、剣にヌンチャクを使って華麗なアクションパフォーマンスを披露。

福くんも負けじと、いま学校で流行っているというけん玉の腕前を見せてくれたが、惜しくも大技に失敗し「カッコいいところを見せられず、負けちゃいました。緊張しまくっててヤバいです!」と苦笑い。それでも、ジュネ監督が2人の天才子役を大絶賛し「次はけん玉で戦う少年とヌンチャク使いの少年の脚本を書きたいと思います」と語り、福くんも「ぜひお願いします!」と笑顔を見せた。

第27回東京国際映画祭は10月31日(金)まで開催。

『天才スピヴェット』は11月15日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top