片桐はいり、向井理との“熱愛報道”のウワサが立たず不満

最新ニュース

向井理&片桐はいり&西田征史監督/『小野寺の弟・小野寺の姉』ヒット御礼舞台挨拶
  • 向井理&片桐はいり&西田征史監督/『小野寺の弟・小野寺の姉』ヒット御礼舞台挨拶
  • 向井理/『小野寺の弟・小野寺の姉』ヒット御礼舞台挨拶
  • 片桐はいり/『小野寺の弟・小野寺の姉』ヒット御礼舞台挨拶
  • 向井理&片桐はいり&西田征史監督/『小野寺の弟・小野寺の姉』ヒット御礼舞台挨拶
  • 向井理&片桐はいり&西田征史監督/『小野寺の弟・小野寺の姉』ヒット御礼舞台挨拶
  • 向井理&片桐はいり&西田征史監督/『小野寺の弟・小野寺の姉』ヒット御礼舞台挨拶
向井理と片桐はいりが10月30日(木)、映画『小野寺の弟・小野寺の姉』のヒット御礼舞台挨拶に西田征史監督と共に登壇。続編のアイディアを出し合い会場を沸かせた。

本作は西田監督自ら執筆した小説が原作。向井さんと片桐さん主演でまず、原作とは別エピソードで舞台化され、続いて今回の映画化となった。映画では、親を亡くして以来、姉弟で生きてきた小野寺家のより子と進の日常、恋をコミカルに描き出す。

本作は「ぴあ映画初日満足度ランキング」で1位を獲得したが、向井さん、片桐さんの周辺でも反響は大きいよう。向井さんは「いまやってるドラマのスタッフや共演者が見てくれて、『明日から頑張ろうって思えた』と言ってくれました。同業者に認めてもらえるのは嬉しい」と語る。

片桐さんは、街で「中国人の団体の方に囲まれました」と告白。海を超えてこの映画が愛され反響を呼んでいるのかと胸を躍らせたそうだが「『ダメよ、ダメダメの人だ』と言われてちょっとガッカリしました…(苦笑)」と「日本エレキテル連合」と間違えられたことを明かし、会場は爆笑に包まれた。

公開前のプロモーションなどでも、片桐さんと向井さんが映画を離れても姉弟のような空気をまとっていることがたびたび指摘されてきたが、この日のトークもまさにそんな空気。

片桐さんが「5年くらい前からこのお話が来ていたので、そこからの流れですね。役作りのために無理やり仲良くしたり…」とやさぐれた口調で言えば、向井さんは「そういうこともありましたね」と否定せず。「今日で最後と思うと切ないです」とこれで会うのも最後と勝手に断定し、西田監督を慌てさせる。

西田監督は2人の“姉弟”エピソードとして、一軒家での撮影中「控室に呼びに行ったら2人とも床で寝てました(笑)。言っても男女であり主演の2人が…(苦笑)。『姉弟だな』と思いましたね」としみじみと語る。

片桐さんは「これだけ一緒にいて、何のウワサにもならないしTwitterとかで『羨ましい』とか『片桐、許せない』みたいなつぶやきも一切なくて…」と向井さんとの“熱愛報道”やファンの嫉妬の声が聞こえてこないことに不満げに首を傾げていた。

映画の好調ぶりに加え、姉弟の日常を描くという物語の特性もあって「西田さんが書いてくれればいくらでも」(向井さん)、「『寅さん(=『男はつらいよ』)」みたいに」(片桐さん)とシリーズ化に2人とも乗り気のよう。

西田監督は「ロードムービーがやりたい。2人が温泉旅行が当たって地方に行かなくちゃいけなくなって、いろんな人に出会って」と構想を明かすが、片桐さんは「信長の時代に行くとか?」と向井さんが出演し、西田監督が脚本を担当するドラマ「信長協奏曲」の二番煎じを提案。向井さんは「オレ、信長の時代とか詳しくないけど」ととぼけた口調で語り会場は笑いに包まれた。

向井さんは「今日のはいりさんを見てたら『キック・アス』とかぶっ飛んだのがいいなと思いました」と片桐さんの緑色のキック・アス風(?)衣裳をネタにし、会場は再び笑いが沸き起こった。向井さんは「本当に『2』はあるかも」と改めて続編への意欲を表明し、客席は期待を込めた温かい拍手に包まれた。

『小野寺の弟・小野寺の姉』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top