笹野高史、40歳以上年下の瀧内公美との濡れ場で過激行動!

最新ニュース

瀧内公美&笹野高史&渡辺奈緒子/『グレイトフルデッド』初日舞台挨拶
  • 瀧内公美&笹野高史&渡辺奈緒子/『グレイトフルデッド』初日舞台挨拶
  • 瀧内公美/『グレイトフルデッド』初日舞台挨拶
  • 瀧内公美&笹野高史&木下ほうか&渡辺奈緒子&内田英治(監督)/『グレイトフルデッド』初日舞台挨拶
  • 瀧内公美&渡辺奈緒子/『グレイトフルデッド』初日舞台挨拶
  • 渡辺奈緒子/『グレイトフルデッド』初日舞台挨拶
  • 瀧内公美/『グレイトフルデッド』初日舞台挨拶
映画『グレイトフルデッド』で映画初主演を務めた瀧内公美が、11月1日(土)に行なわれた初日舞台挨拶で「映画女優になるという夢が叶った!」と感極まって涙を見せた。

映画は孤独な人間を観察するのが趣味の“孤独ウォッチャー”の女と、人生に失望し見舞まさに孤独死を迎えようとする頑固一徹の老人を中心に展開する、純愛あり、エロあり、アクションありのブラックコメディで、高齢化社会の裏側をえぐり出す。

舞台挨拶には瀧内さんに加え、笹野高史、木下ほうか、渡辺奈緒子、内田英治監督らが出席した。

瀧内さんは最初の挨拶で、マイクを握るや我慢できずに手で顔を覆いながら「本当に嬉しいです。夢が叶ったんだと思います…」と涙ながらに語る。

笹野さんはそんな瀧内さんを「泣いてらぁ!」と笑い飛ばすが、一方で低予算の中で2年もの歳月をかけてここまで辿り着いた本作の船出に、「泣いてくれてホッとしています。ここに来るまで苦労したんで感慨深いです」と語る。舞台挨拶は新宿の劇場「新宿ミラノ」で行われたが、笹野さんは「学生時代によく来た映画館にいま立っているなんて…年とるのって面白いなと思います」としみじみと語っていた。

オーディションで瀧内さんを主役に抜擢した内田監督は「いまは泣いて、イイ女風になってるけど、昔は野良犬っぽい生意気な女優でそれがよかった」と瀧内さんの姿に感慨深げ。

木下さんは、俳優としてだけでなくプロデューサーとして参加しているが、予算・キャスティングに、ロケ場所など様々な苦労があったようで、文字通りの手弁当で撮影に参加したこと、借りていた場所を使えなくなりそうでひと芝居打って土下座したこと、笹野さんに怒られたことなどを明かし、会場は笑いに包まれたが、公開にたどり着いてホッとした様子だった。

ちなみに、笹野さんは40歳以上歳の離れた瀧内さんとのかなり激しい“濡れ場”があるが、出演について「仕事は断らない信条なので、一晩のたうち回って、家族会議をして、めったにない役だとやらせてもらった」とふり返る。

劇中、下半身が使い物にならない老人のための薬も登場するが、プロデューサーの木下さんが“本物”を用意したとか…。笹野さんは、どうなることかと心配だったようで「何もないように(下半身を)ガムテープで巻いた」とのことだが「映画の現場はやはり特殊で緊張しなかったし、必死だった」と特に“問題”は起こらなかったよう。「ちょっとガッカリしました。悔しくて猿ぐつわされた状態で、乳首を舐めてやろうと思ったら俊敏によけられて、それが心残り!」とあけすけに語り、会場は再び笑いに包まれた。

『グレイトフルデッド』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top