【シネマモード】ティム・バートンとハロウィン・ナイト in TOKYO!

最新ニュース

ティム・バートン監督/「Veuve Clicquot Yelloween with The World of Tim Burton」
  • ティム・バートン監督/「Veuve Clicquot Yelloween with The World of Tim Burton」
  • 神木隆之介&板谷由夏&ティム・バートン監督&仲里依紗/「Veuve Clicquot Yelloween with The World of Tim Burton」
  • 仲里依紗/「Veuve Clicquot Yelloween with The World of Tim Burton」
  • 板谷由夏/「Veuve Clicquot Yelloween with The World of Tim Burton」
  • 神木隆之介/「Veuve Clicquot Yelloween with The World of Tim Burton」
  • 夏木マリ/「Veuve Clicquot Yelloween with The World of Tim Burton」
  • DJ KOO&ティム・バートン監督/「Veuve Clicquot Yelloween with The World of Tim Burton」
  • ティム・バートン監督/「Veuve Clicquot Yelloween with The World of Tim Burton」
10月31日はハロウィンでしたが、みなさんは家族やお友達とどう楽しまれたでしょうか。東京の街は、仮装した人々で大変な盛り上がりを見せ、ハロウィンがすっかり日本にもお馴染みになったことを感じさせていました。

私はこの夜、ちょっと特別なパーティに参加してきました。それは、森アーツセンターギャラリーにて2014年11月1日(土)~2015年1月4日(日)まで開催される「ティム・バートンの世界 THE WORLD OF TIM BURTON」のオープニングを祝う前夜祭。題して、「Veuve Clicquot Yelloween with The World of Tim Burton」です。主催したのは、世界的なシャンパンブランドのヴーヴ・クリコ。バートン監督と、高いクリエイティビティを共有する同ブランドが、同展と夢のコラボレーションを果たしたのです。

19時から六本木ヒルズ森タワー52FのMADO LOUNGEでスタートしたパーティには、ティム・バートン監督本人も登場。場内が大きく盛り上がる中、「今日はパーティなので、みなさんも“TRICK or TREAT”を言って楽しんでいってください。今日は素敵なハロウィンパーティーにしましょう」と挨拶。会場には監督のほか夏木マリさん、板谷由夏さん、仲里依紗さん、神木隆之介さん、アーティストの清川あさみさんらも駆けつけ、祝いの夜に花を添えました。

このパーティのドレスコードは“Butterfly”。メインホールやバーカウンターなどにも黄色のバタフライが宙を舞っているかのような装飾が。来場者は、バタフライをかたどったリストバンドをゲストパスとして身につけました。もちろん、蝶々をモチーフにしたドレスやアクセサリーを身に纏ったり、パンプキンカラーを取り入れたファッションを楽しんだり、ハロウィンムード×ティム・バートンテイストたっぷりのちょっとホラーっぽい仮装をしたゲストたちもいっぱい。DJ KOOさんの音楽を聴きながら、ヴーヴ・クリコ・イエローラベルで満たされたグラスを片手に、おしゃべりを楽しみ、展覧会のオープニングを祝う一夜に酔いしれました。

21時からは、パーティのゲストたちが展覧会の内覧へ。映画好きなら断然気になる展覧会ですが、『シザーハンズ』『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』など、数々の名作を手掛けた映画界の奇才、ティム・バートンの頭の中を覗いるかのよう。彼がディズニースタジオ所属時代のものを含め、これまでに制作した油絵、スケッチ、デッサン、未公開映像作品、オブジェなど日本初公開となる約500点の作品が展示されているのですから見逃せません。

2009年11月には、「Tim Burton展」がニューヨーク近代美術館(MoMA)にて開催され、総来場者数80万人以上、同館史上3番目の入場者数を記録しています。今回日本で開催されているのは、「ティム・バートンの世界」と名称を変更し、新たな作品などを加えて再構築されたもの。2014年3月のプラハを皮切りに世界を巡る新たな展覧会としてスタートした世界で話題のイベントを、お見逃しなく!

★「Veuve Clicquot Yellow Bar」と名づけたバーカウンターは、同展覧会とコラボした限定デザインの「ヴーヴ・クリコ イエローラベル」が、マドラウンジでのみ楽しめる趣向。この「Veuve Clicquot Yellow Bar」は12月25日(木)までオープンしています。
《text:June Makiguchi》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top