LEXUSが南青山にショートフィルムシアター開設! 別所哲也&広瀬アリス&Kが駆け付ける

最新ニュース

ショートフィルムシアター in 「INTERSECT BY LEXUS -TOKYO」
  • ショートフィルムシアター in 「INTERSECT BY LEXUS -TOKYO」
  • ショートフィルムシアター in 「INTERSECT BY LEXUS -TOKYO」
  • ショートフィルムシアター in 「INTERSECT BY LEXUS -TOKYO」
  • ショートフィルムシアター in 「INTERSECT BY LEXUS -TOKYO」
  • ショートフィルムシアター in 「INTERSECT BY LEXUS -TOKYO」
  • ショートフィルムシアター in 「INTERSECT BY LEXUS -TOKYO」
  • ショートフィルムシアター in 「INTERSECT BY LEXUS -TOKYO」
  • ショートフィルムシアター in 「INTERSECT BY LEXUS -TOKYO」
高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」が11月5日(水)から東京・南青山のブランド発信拠点「INTERSECT BY LEXUS -TOKYO」で、約1か月間限定のショートフィルムシアターを開設! それを記念して11月7日(金)、同会場でトークショーが行われた。

駆けつけたのは国内のショートフィルム普及の“先駆者”で「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」(以下:SSFF & ASIA)代表を務める俳優・別所哲也、そして同会場で上映されるショートフィルムに出演する女優・モデルの広瀬アリス、歌手でKの3人。それぞれの視点で、ショートフィルムが持つ魅力について語り尽くした。

従来の“高級”とは異なる価値として“Progressive Luxury”を追求するという「LEXUS」のブランドビジョンのもと、グローバルなスケールでそのプレミアム・ブランドとしてのイメージ強化・確立に向けた様々な取り組みの一環――それが「LEXUS SHORT FILMS」プロジェクトだ。『英国王のスピーチ』『イングロリアス・バスターズ』といったオスカー受賞作で知られるインディペンデント系映画会社ザ・ワインスタイン・カンパニー(以下:ワインスタイン社)と協同し、将来有望なクリエイターを支援する。

この日はそんな「LEXUS SHORT FILMS」シリーズ第2弾として製作された、少女マンガのようにキュートで切ない恋愛ストーリー『Operation Barn Owl』を上映。加えて、広瀬さんが“レンタル彼女”を好演する『FAKE』(SSFF & ASIAとUULAの共同製作)、Kさんが演技に初挑戦した『ビタースウィート~オトナの交差点~ 秋子篇』(日本ネスレ製作)の計3本がお披露目された。

「ライフスタイルにこだわりを持ち、感度の高い方々がショートフィルムを通して繋がっていく。そんな場所作りができれば何より嬉しい。才能は誰かに発見され、応援してもらうからこそ花開くもの。クリエイターにとっては第一歩を踏み出す場所にもなる」とシアター開設の意義を熱弁する別所さん。

一方、ショートフィルムの撮影を初体験した広瀬さんは「撮影は3日間。本当にハードで…」と苦労をふり返り、「床で寝転がるシーンでは、リアルに寝ちゃって(笑)。それと夜中の2時に水族館で撮影したんですが、お魚も寝ちゃっていて」。劇中では男性からフラれてしまうシーンもあり、「ギャラリー、しかもカップルだらけに囲まれた状態でフラれるんで、それが一番ツラかった」とも。それでも「今後もショートフィルムに挑戦したい」と意欲を燃やした。

プライベートでは新婚ホヤホヤのKさんは、妻から浮気を疑われるミュージシャンという役どころをコミカルに好演。「台本を読んだら、いきなりシャワーシーンがあって。いつ撮影が始まってもいいように、2か月間トレーニングをしましたが、(映像には)せっかく鍛えた腹筋が映っていなかった(笑)」とガッカリした表情を浮かべたが、「自分に合う役があれば、今後もチャレンジしたい」と俳優業に強い関心を示した。

さらに、Kさんは「いまはネットの時代で、映像もパソコンやスマホで見られる。でも映画館と同じように2時間の作品を見るのは大変だから、10~15分の映像が感動しやすい」とショートフィルムの特性に着目。これには別所さんも感激しきりで「まさに模範解答! ぜひ、ショートフィルムのアンバサダーになってほしい」とKさんにラブコールを送った。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top