小林幸子、“ラスボス”の愛称に「慣れました」

最新ニュース

目もくらむド派手衣装で登場した、“ラスボス”小林幸子/『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ブルーレイ&DVD発売記念イベント
  • 目もくらむド派手衣装で登場した、“ラスボス”小林幸子/『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ブルーレイ&DVD発売記念イベント
  • 目もくらむド派手衣装で登場した、“ラスボス”小林幸子/『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ブルーレイ&DVD発売記念イベント
  • 目もくらむド派手衣装で登場した、“ラスボス”小林幸子/『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ブルーレイ&DVD発売記念イベント
  • 目もくらむド派手衣装で登場した、“ラスボス”小林幸子/『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ブルーレイ&DVD発売記念イベント
  • 目もくらむド派手衣装で登場した、“ラスボス”小林幸子/『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ブルーレイ&DVD発売記念イベント
  • 目もくらむド派手衣装で登場した、“ラスボス”小林幸子/『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ブルーレイ&DVD発売記念イベント
  • 目もくらむド派手衣装で登場した、“ラスボス”小林幸子/『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ブルーレイ&DVD発売記念イベント
歌手の小林幸子が50年の芸能生活の中で初のPRイベント出演として11月10日(月)、映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のブルーレイ&DVD発売記念イベントに出席した。

映画は日本人作家・桜坂洋のライトノベルを原作に製作され、あのトム・クルーズが主演。近未来の謎の侵略者との戦争のさなか、殺されるたびにその朝に戻ってしまうというタイムループにハマってしまった主人公が繰り返しの経験を生かしながら敵に立ち向かっていく姿を描く。

「芸能界の最強の“ラスボス”」と紹介されて登場した小林さんは「ラスボスでございます」と笑みを浮かべる。この日は目もくらむような全身金色に輝くド派手な衣裳だったが「オファーが“ラスボス”ということだったのでこのような格好になってしまいました」と語り、笑いに包まれる会場を見渡し「みなさんに笑顔になっていただけるのが嬉しいです」と満面の笑みを浮かべる。

トム・クルーズ演じる主人公が命を落とすたびにパワーアップして甦るが、小林さんも常に新たなステージに挑戦し、そのたびにパワーアップしていることから、イベントの主催者が小林さんにぜひにとオファーし今回の出演は実現した。小林さんは「そんな風に思っていただけるのが嬉しい」と語り「みんな、そうやって生きていきたいと思うけどなかなかうまくいかないもの。でもこの映画からはパワーを感じました」とも。

小林さんはニコニコ動画の年越しイベントでライヴを配信するなど、近年、ネットで話題になることも多く、“ラスボス”という愛称もネット上でつけられたもの。これについて「最近は慣れました。“ラスボス”と検索すると“小林幸子”と出てくるので(笑)」と語り、夫の反応についても「楽しんでるみたいです」と笑う。

ネット上のみならずコミックマーケット(=コミケ)で自らブースに立ってミニアルバムCDを手売り販売したことも大きな話題となったが「とってもいい経験でした。いいもの、自分で作ったものを見てほしいという気持ちはプロもアマも同じ。やって良かったと思います」と語り「1キロの行列ができたんです」と明かす。特に、これまでの自身のコンサートでは見られなかった様々なコスプレのファンと触れ合えたことが嬉しかったそうで「最初はちょっと引きましたが(笑)、これだけの方に『頑張ってください』と言われ、クセになりそうな気持ちでした」と語った。

もしも、主人公のように時間を戻れるなら? という問いに「歌い手としてやってきた50年は『前へ前へ』という気持ちだったので戻りたいとは思わない」と力強く語りつつ「デビューする前の新潟の肉屋の幸ちゃんにという気持ちはあるかな…?」と笑う。

この先もまだまだ新しい企画を計画中だそうで「考えてますが言えません」とニヤリ。演歌歌手というイメージからはかけ離れた近年の様々な活動について「『これだけやって来たのになんで?』と仰る方もいますが、『思い込みを捨てて思いつきを拾う』――そうしないと新しいものは入ってこない。スタッフと一緒に面白がってやった結果であり、自信にも繋がりました」と迷いなく語っていた。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ブルーレイ&DVDは11月12日(水)より発売。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top