【MOVIEブログ】釜山国際映画祭レポート

最新ニュース

Busanです
  • Busanです
  • マーケット会場入口
  • マーケット会場フロント
  • レセプションパーティー
  • レセプションパーティー会場にあったカメラの氷像
既に一月以上経ってしまいましたが、韓国の釜山国際映画祭のマーケットに行ってきました。

東京国際映画祭のマーケットに先駆けての参加で、釜山が僕にとってのマーケット初参加でした。行く前に色々な資料を揃えて成田から飛び立ちました。

釜山はかつて『着信アリFinal』(実はあのジャン・グンソクが出演!)
のロケで来たことがあって、今回が2回目だったんですが、
映画祭の会場は以前とは変わっていて、今の会場は大きなホールのあるエリアで
海の近くといい、新しいビルが立ち並ぶ感じといい、日本の幕張のような所でした。
釜山国際映画祭は年々勢いが増しているようで、
驚いたのは街中に映画祭専門のどでかいホールが屹立していたことでした。
本当に大きくて、しかも屋根はあるものの中に壁がないので一種の吹き抜け状態で
半分野外上映のような感じなんですね。
こんなすごいホールが映画祭専門であるということに驚きました。

マーケット会場はその近くのいわゆる幕張メッセ的なホールの中に
各社のブースがひしめき合う形で行われていました。
会期は5日~7日の3日間だったので連日ミーティングがギッシリ詰まってました。
行く前は合間に映画でも観れるかなぁなんて思ってましたが、あまいあまい。
映画どころかご飯の時間さえない感じでした。
ま、仕事なんで全然OKでしたが。

ホール以上に驚いたのは連日のパーティー攻め。
連日連夜いたるところで業界各社による色んなパーティーが行われていて
そういうところでの社交が予想外でした。
一部では「Busan International Drinking Festival」とも言われているそうで
これはなかなかに楽しかったです。
マーケットのレセプションでは久々に行定勲監督にもお会いしました。
『真夜中の五分前』という映画で来ていて、
色々と中国の映画事情なんかも教えてもらっちゃいました。
こういう交流も映画祭ならではなので、楽しかったです。

商談はまだひたすら後輩の横で聞いているだけでしたが、
日本の映画各社の国際担当の方々とも交流できたので
これも新鮮でした。
宣伝部時代には横の交流があまりなかったので。

というわけで、釜山のマーケットが終わって一か月余になりますが
今、色々とその時に相談していた案件が動いてきています。
慣れないビジネス英語と格闘しています。
人生日々是勉強。


【2014.11.14】
《text:Yusuke Kikuchi》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top