ジョニー・デップ、泥酔状態でスピーチ? 放送禁止用語を口走る…ハリウッド・フィルム・アワード発表

最新ニュース

ジョニー・デップ-(C) Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C) Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C) Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C) Getty Images
アカデミー賞の行方を占う前哨戦の1つ、ハリウッド・フィルム・アワードが14日(現地時間)発表され、デヴィッド・フィンチャー監督の『ゴーン・ガール』、ベネディクト・カンバーバッチ主演の『The Imitation Game』(原題)が主要部門受賞を分け合う結果となった。

ベン・アフレックが失踪した妻の殺害容疑をかけられる夫を演じた『ゴーン・ガール』は作品賞、原作者で脚色も手がけたギリアン・フリンが脚本賞を受賞した。第二次世界大戦中、ドイツ軍の暗号解読に従事した数学者のアラン・チューリングを描く『The Imitation Game』はチューリングを演じたベネディクト・カンバーバッチが男優賞、チューリングの同僚で婚約者でもあったジョーン・クラークを演じたキーラ・ナイトレイが助演女優賞、ノルウェー出身のモルテン・ティルドゥムが監督賞に輝いた。

候補者、プレゼンターともにハリウッドの一流スターがそろうアワードだが、ドキュメンタリー賞のプレゼンターを務めたジョニー・デップは、泥酔しているかのようにおぼつかない足取りで登場。ごく普通のマイクスタンドを前に「こんなヘンテコなマイク、見たことない」と言うと、体をふらつかせ、「何て書いてある?」などとつぶやきながらテレプロンプターを凝視しつつ、なんとか受賞作『Supermensch: The Legend of Shep Gordon』(原題)と同作の題材となった音楽業界のエージェント、シェップ・ゴードンの紹介文を最後まで読んだ。

だが、途中で放送禁止用語を口走り、あわてて口に手をあててクスクス笑うなど、明らかにいつもと違う様子で、会場にはやや気まずい空気が流れた。ちなみに『Supermensch: The Legend of Shep Gordon』の監督は『オースティン・パワーズ』シリーズでおなじみのマイク・マイヤーズ。彼は受賞後のバックステージで、ジョニーの行動について「すごくロックンロールだった」と話していた。


主な授賞結果は以下の通り
作品賞:『ゴーン・ガール』
ブロックバスター賞:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
男優賞:ベネディクト・カンバーバッチ(『The Imitation Game』原題)
女優賞:ジュリアン・ムーア(『Still Alice』原題)
助演男優賞:ロバート・デュヴァル(『ジャッジ 裁かれる判事』)
助演女優賞:キーラ・ナイトレイ(『The Imitation Game』原題)
新人男優賞:エディ・レッドメイン(『The Theory of Everything』原題)
新人女優賞:シャイリーン・ウッドリー(『きっと星のせいじゃない。』)
監督賞:モルテン・ティルドゥム(『The Imitation Game』原題)
新人監督賞:ジャン・マルク・ヴァレ(『Wild』原題)
脚本賞:ジリアン・フリン(『ゴーン・ガール』)
アンサンブル賞:『フォックスキャッチャー』
キャリア功労賞:マイケル・キートン
ハリウッド新人賞:ジャック・オコンネル(『Unbroken』原題)
ドキュメンタリー賞:『Supermensch: The Legend of Shep Gordon』(原題)
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top