東尾理子、父・修氏と揃ってトーク! 子供時代の一番嬉しかった思い出は…?

最新ニュース

東尾修に想いを綴った手紙を読み上げる、東尾理子/『インターステラー』トークイベント
  • 東尾修に想いを綴った手紙を読み上げる、東尾理子/『インターステラー』トークイベント
  • 東尾修&東尾理子/『インターステラー』トークイベント
  • 東尾理子/『インターステラー』トークイベント
  • 東尾修/『インターステラー』トークイベント
  • 東尾修/『インターステラー』トークイベント
  • 東尾修に想いを綴った手紙を読み上げる、東尾理子/『インターステラー』トークイベント
『ダークナイト』、『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督最新作『インターステラー』の公開を前に11月19日(水)、父と娘の愛を描く本作にちなんで、元プロ野球選手の東尾修とその娘にして石田純一の妻で、ゴルファーの東尾理子によるトークイベントが行われた。

地球で人類が生きていくことができる“期限”が迫る中で、人類の未来のために宇宙探査のミッションを背負った者たちのドラマを描く本作。その一員である主人公は娘と必ずまた帰ってくると約束を交わす。

このトークイベントの直前に映画本編を鑑賞したという東尾親子だが、2人とも劇中の父と娘の姿に涙したそう。修さんは「まだ目が赤い。(理子さんに)バレないようにするの大変だった。我慢してたんです」と語るが、ひとつ席を開けて同じ列で観ていた娘にはバレバレだったようで「我慢できてない(笑)。鼻水をすする音が聞こえました。最後はティッシュを渡しました(笑)」と語る。父の涙を目にするのは初めてだったようで「見たことがなかったです!」と驚きの表情を浮かべていた。

修さんはこの映画を「もっと早く、10年、20年前に観たかった」とも。その真意を問うと「(プロ野球の)現役当時は福岡と東京で離れて住んでいて、たまに会う喜びや絆…と『たまに』という言葉がいつも付いていた。もっと早く観ていれば、娘に対しても違った形があったかも…」と少し悔いるように語った。

理子さんは子供時代の父の不在について「ずっといないのが当たり前で慣れていた」とあっけらかんと語りつつ、「ママからは『パパは家族のために頑張っている』と聞かされていた」と父が家族のために家を空けていることはしっかりと理解していたよう。

修さんは、数年前には関西地域限定とはいえ、理子さんの石田純一との結婚に伴い「ベストファーザー・オブ・ザ・ブライド」、つまり“花嫁の父”としてベストファーザー賞を受賞している。そんな修さんから見て、現在の義理の息子である石田さんの評価はというと「ベスト・ファーザーに認めます。太鼓判を押す」と絶賛。たっぷりと家族サービスができる石田さんが「羨ましい」と本音も。

理子さんも夫・石田さんのパパぶりについて「お願いすることがない。頑張ってるというより自然にやってくれる。(石田さんの理子さんとの結婚以前の)ほかのお子さんにとってはどうだったのか分かりませんが(笑)、私と理汰郎にとってはベストファーザー!」と笑顔を見せた。

また、この日は映画にちなんで理子さんが父への思いを綴った手紙を朗読。手紙の中で、理子さんは修さんの現役時代のチームメイトで、大ファンだった清原和博に会わせてもらえたことを一番嬉しかったことに挙げ、さらに「子供の頃にはできなかった家族旅行に一緒に行けるように、長生きして下さい」と伝え、修さんを感激させていた。

『インターステラー』は11月22日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top