ガキ使の大晦日SP、今年は『絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!』ダウンタウンらがロケ終了後コメント

最新ニュース

恒例の年越しスペシャル番組として、12月31日(火)に『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル 絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!』(日本テレビ系)が、18時30分~24時30分まで約6時間放送される。

「絶対に笑ってはいけない」シリーズは、大晦日に放送されたものとしては9回目を数える恒例企画で、今年のテーマは「大脱獄!」に決定。ダウンタウンの浜田雅功、松本人志、月亭方正、ココリコの遠藤章造、田中直樹の5人が、“ガースー黒光り中央刑務所”を舞台に、囚人研修員として様々な訓練や研修を行う。“どんなことが起こっても絶対に笑ってはいけない”という過酷な状況に置かれた彼らに次々と笑いのトラップが仕掛けられ、もし笑ってしまったらキツいお仕置きを受けなければならない。例年通り、人気芸人、大物俳優、大物女優、有名演歌歌手、人気モデル、文化人、一流アスリートたちが仕掛け人として参加し、彼らを笑いの地獄に引きずり込む。

11月中旬、東京近県の学校と運動公園を貸し切り、スタッフ約500名、エキストラ約200名が参加。カメラ25台、CCDカメラ220台、さらに初めて空撮用のリモコンヘリカメラを使用した壮大なロケが行われた。「すごい大変でした。けどみんなと一緒だったから乗り越えられたと思います。改めて外の世界はいいなと思いました」(田中直樹)、「捕まったことによって色んな人に会うこともできましたし、まさかという人にもお会いできたので、いい思い出になりました」(遠藤章造)、「本当にしんどいこともあったけど……。でも、なんで捕まったのかだけ最後に教えてほしいかな」(月亭方正)、「マル秘ゲストちゃんには、ほとほと困りました……」(浜田雅功)、「毎回なんですけど、誤審が多くて、ボク以外もっとみんな叩かれるべきだと思います。絶対見逃さないようにすべきだと思いましたね……」(松本人志)と、それぞれ過酷なロケを振り返ってコメントしている。

番組の大友有一プロデューサーは「今回この設定を選んだのは、今までと趣向を変えて架空の刑務所という世界観の中で5人に色々な仕掛けをしたいなと思ったからです」と企画意図を説明。番組常連のゲストのほか、意外な大物芸能人が続々登場し、刑務所ならではの笑いのトラップ、そしてメンバー5人が黒鬼に追い掛け回される名物企画など「絶対に笑ってはいけない」ならではの企画で、大晦日のお茶の間に笑いの渦を巻き起こす。

■『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル 絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!』
2014年12月31日(水)18:30~24:30(日本テレビ系)

関連リンク
【画像】2014年大晦日の『絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!』ロケに参加したダウンタウン、月亭方正、ココリコ
松本人志「嵐と交代して紅白に出たい」2013年大晦日『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍!』会見
「絶対に笑ってはいけない」シリーズほか『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』関連DVD情報
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top