相葉雅紀と生田斗真、「好き」生告白に「地獄、マジ地獄…」

最新ニュース

榮倉奈々/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の初日舞台挨拶
  • 榮倉奈々/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の初日舞台挨拶
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』初日舞台挨拶
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』初日舞台挨拶
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』初日舞台挨拶
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』初日舞台挨拶
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』初日舞台挨拶
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』初日舞台挨拶
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』初日舞台挨拶
映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の初日舞台挨拶が11月22日(土)、東京都内劇場で行われ、嵐の相葉雅紀、共演の生田斗真、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、劇団ひとり、塚地武雅、そして犬童一心監督が登壇した。

それぞれのキャスト陣が、カメラ目線で「好き」と告白するCMも好評の同映画。この日は相葉さんと生田さんが満席となった客席と中継先の全国111劇場に向かって公開「好き」に挑戦した。

生田さんはCM撮影を「拷問です。恥ずかしい」とふり返りつつも、「でも、今日は生でやってくれるらしいので…」と相葉さんにパス。「マジっすか?」とオロオロする相葉さんだったが、カメラ目線で「好きです」と決めて、会場を黄色い声で埋め尽くしていた。

さらに相葉さんは「言い出しっぺがやるべき」と、仕返しとばかりに生田さんを指名。「相葉君の後は凄くやりづらい」と言いつつも「好きだよ」と渋めにキメた生田さんだったが「地獄、地獄、マジ地獄…」とカメラ位置からいそいそと逃げていた。

イケメン2人が女子のハートをキャッチする中、なぜかひとりさんが公開「好き」に塚地さんを指名。会場からの興味ない空気を肌で感じた塚地さんは「この拍手の薄さ! ニーズの薄さ!」とジタバタするも、最後は「すっきゃねん」とカメラ目線。するとひとりさんは「事前に振られるのを聞いているのに、そうとは思えない自然さ。さすが演技派」と打ち合わせ済みの流れだったことを暴露。ネタばらしに慌てる塚地さんだったが「全然知らん。偶然ここに来ただけやから」とシラを切っていた。

同作は、作家・中村航による山下達郎の名曲『クリスマス・イブ』をモチーフにした小説が原作。聖なる夜を舞台に、運命の女性と出会ってしまった光(相葉)、幼馴染に恋をする杏奈(榮倉)、元カレを忘れられないソヨン(ヒョジュ)、恋に素直になれない北山(生田)ら男女4人の片想いに訪れる奇跡を描く。

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top