剛力彩芽、ハーフのベトナム人役に挑戦! 櫻井翔主演「大使閣下の料理人」

最新ニュース

剛力彩芽(レイ・ティー・蘭)/「大使閣下の料理人」
  • 剛力彩芽(レイ・ティー・蘭)/「大使閣下の料理人」
  • 櫻井翔が演じる主人公・大沢公「大使閣下の料理人」
  • 櫻井翔が演じる主人公・大沢公「大使閣下の料理人」
累計190万部を突破、2002年には文化庁メディア芸術祭・マンガ部門にて優秀賞を受賞した西村ミツルの名作を、「嵐」の櫻井翔を主演に迎えて映像化する「大使閣下の料理人」。このほど、本作のヒロインであり、主人公を支えるハーフのベトナム人女性を女優・剛力彩芽が演じることが明らかになった。

一流ホテルで副料理長として腕を振るう大沢公(櫻井翔)。一晩に何百人という客を相手にしなければならず、客の顔が見えない状況に疑問を持っていた。ある日たまたま、公邸料理人を募集している、というパンフレットを見つける。世界中の日本大使館には専属のシェフがおり、各国の要人、大使や首相に出す料理はすべて、一人のシェフに任されるのだ。公はホテルを辞め、在ベトナム日本大使館の公邸料理人となる。そして様々な思惑が絡む外交の最前線で、公の作る一皿一皿が外交の駆け引きに影響を及ぼし、日本を、そして世界を動かしていく――。

今回、剛力さんが演じるのは、父親が日本人で母親がベトナム人という、所謂“ハーフ”で、ベトナム国籍の女性レイ・ティー・蘭。在ベトナム日本国大使館の職員であり、櫻井さん演じる主人公・大沢公が公邸料理人として着任してからは料理助手として、あらゆる場面で公を支えることとなる。剛力さんが演じる蘭は、原作には存在せず、ドラマのオリジナルキャラクターとして登場する。

ベトナム人という難役に挑むこととなった剛力さんは、「ほとんど馴染みのない大使館が舞台になっているので、どんな感じなのかなと思っていましたが、フィーチャーされるポイントが大使閣下の料理人だったので、ますます楽しみになりました」と語り、「ハーフということもあるので、立ち振舞いはそこまで気にしていません。ただアオザイというベトナムの洋服がとても女性らしいので、立ち姿などはなるべく綺麗に、でも蘭という女性の明るく元気な部分を出せるように気を付けています」と語った。

ドラマではベトナム語を話すシーンはいくつもあるという剛力さんは、「ベトナム語はただただ難しい…です。勉強用で頂いた音声をとことん聴いて、聴いて、聴いて、指導の方に教えていただいて…という感じです。でも、こうして新しいことに挑戦できるのは嬉しいです」と、苦労の中にも女優としての楽しみを滲み出させる。

また、初の共演となった櫻井さんの印象について剛力さんは、「柔らかく暖かい雰囲気を持っている方だなと思いました。優しく話しかけてくださったり、撮影に参加してくださっているベトナム人の方と気さくにお話しをしていたり、櫻井さんの周りには優しい空気が流れているなと感じました。そして、ベトナム語も流暢に話されていて台詞もいつも覚えてこられていて。こんなに忙しい方なのに、いつどうやって覚えているのだろうと、ビックリしました」とコメント。

12月にはベトナムでのロケも予定の剛力さん。煌びやかな料理を前に繰り広げられる外交の駆け引きに、櫻井さんと剛力さんはどのように立ち向かうのか…そこで描かれる人間模様にも注目したい。

新春ドラマスペシャル「大使閣下の料理人」は2015年1月3日(土)、フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top