ブラッドリー・クーパー、18kg増で挑む渾身作『アメリカン・スナイパー』ポスター解禁

映画

『アメリカン・スナイパー』ポスター(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., WV FILMS IV LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC-U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA.(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC-ALL OTHER TERRITORIES.
  • 『アメリカン・スナイパー』ポスター(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., WV FILMS IV LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC-U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA.(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC-ALL OTHER TERRITORIES.
  • 『アメリカン・スナイパー』 (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., WV FILMS IV LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC-U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA.(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC-ALL OTHER TERRITORIES.
  • 『アメリカン・スナイパー』(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., WV FILMS IV LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC-U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA.(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC-ALL OTHER TERRITORIES.
  • クリント・イーストウッド
2度のアカデミー賞「監督賞」に輝き、2014年は『ジャージー・ボーイズ』で日本を沸かせた巨匠クリント・イースウッドが、「最もセクシーな男」に選出されたこともあるブラッドリー・クーパーを主演に迎えて描く最新作『アメリカン・スナイパー』。アカデミー賞を見据えた2月の日本公開を前に、本作の劇場用ポスターが解禁。さらにブラッドリーは18kgも体重を増量し、米軍一のスナイパーといわれた特殊部隊員に挑んでいることが分かった。

舞台は9.11以降のイラク戦争。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに所属するクリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)が命じられた任務は、「どんな過酷な状況でも仲間を守ること」。国の正義を信じ、実直に任務を遂行し続けた男は、仲間からは“レジェンド”と崇められ、イラク側からは“悪魔”と恐れられ、賞金がかけられるほどの存在となる。終わりのない戦争は幾度となく彼を戦場に向かわせるが、愛する家族を国に残した度重なる戦地への遠征は、クリスの心を徐々に蝕んでいき…。

本作は、クリス・カイル本人による自伝「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」が原作を基に、『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』でオスカー・ノミネートを果たし、ハリウッドでいま最も輝くブラッドリー・クーパーが“伝説”のスナイパーを好演する。

カイルが所属していたネイビーシールズの過酷なイラク遠征は、2003年~2009年にかけて計4回にのぼり、カイルは公式に確認されているだけで米国史上最多数の160人を射殺したとされている。

今回、解禁となったポスターには「米軍史上最多、160人を射殺した、ひとりの優しい父親」という印象的なキャッチコピーが。しかし、米国の英雄として崇められたブラッドリー演じるカイルの表情は、苦悩に満ち溢れた複雑なものとなっている。

本作でのブラッドリーは、その爽やかなセクシーさを封印。プロデューサーとして自ら映画化権も獲得した彼は、実在のネイビー・シールズを演じるため、厳密な食事制限と過酷なトレーニングを敢行し体重を約18kg増加した。

また、カイルの同僚であったネイビー・シールズとともに実際さながら現地での家宅捜査や、実弾での訓練を積むなどして体当たりで役作りに臨んだ。「彼と一度でも話すことができて、本当に良かった。あれはとても短い会話だった。でも僕は彼に、この映画をどれだけ真剣に作りたいと思っているかを伝えたんだ」と、ブラッドリーはカイル本人と直接電話で話したことを明かす。

「彼がハリウッドに対してどんな恐れを抱いていたとしても、それをひとまず忘れて、僕を信頼してほしい、このストーリーを全力で伝えるから」と映画化にあたり、ブラッドリー自身から強い意思を伝えたという。だが、その後、2013年2月2日、自身と同じ“心の病”に悩む元兵士によって射殺され、カイルはその短すぎる生涯を終えた。

早くもオスカー大本命といわれている本作について、ブラッドリーは「僕には、クリス・カイルと彼の家族をきちんと描く義務があった。それは絶対的なことだ。彼の遺族がこの映画を気に入ってくれるか、彼と同じような体験をした人々が共感できるか、一般の観客が人間性というものに胸を動かされるかどうか。僕にとって大事なのはそれだけだ。彼の人生は評価されてしかるべきもの。僕らはこの映画でそれを実現できたらと思っているよ」とコメント。国を愛し、家族を愛し、それでも戦地に向かっていった、ひとりの兵士。その真の姿を正しく描くことが何よりも大事だという思いを、その言葉に込めている。

『アメリカン・スナイパー』は2015年2月21日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top