松坂桃李、瓦割り10枚を見事成功! 「ドラゴンボール」の登場人物気分

最新ニュース

瓦割り10枚! 松坂桃李/『くるみ割り人形』初日舞台挨拶
  • 瓦割り10枚! 松坂桃李/『くるみ割り人形』初日舞台挨拶
  • 有村架純&松坂桃李&藤井隆&板野友美&増田セバスチャン(監督)/『くるみ割り人形』初日舞台挨拶
  • 有村架純/『くるみ割り人形』初日舞台挨拶
  • 松坂桃李/『くるみ割り人形』初日舞台挨拶
  • 藤井隆&板野友美/『くるみ割り人形』初日舞台挨拶
  • 藤井隆/『くるみ割り人形』初日舞台挨拶
  • 有村架純&松坂桃李&板野友美/『くるみ割り人形』初日舞台挨拶
  • 有村架純&松坂桃李&藤井隆&板野友美&増田セバスチャン(監督)/『くるみ割り人形』初日舞台挨拶
3D人形アニメーション『くるみ割り人形』が11月29日(土)に公開を迎え、声優を務めた有村架純、松坂桃李、藤井隆、板野友美、増田セバスチャン監督が舞台挨拶に登壇。松坂さんは公開を記念して“くるみ”ならぬ“瓦”割りに挑戦し、見事に10枚を叩き割って喝采を浴びた。

1979年に公開された人形アニメーションを35年の時を経て、最新デジタル技術を駆使して新たなシーンを加えて“リ・クリエーション”。大切な人形を取り返すためにヒロインのクララがめくるめく冒険を繰り広げる。

日本の“カワイイ”文化を世界に発信する増田監督の初監督作品ということで、キャスト陣には「自分のかわいいと思うところは?」という無理やりな質問が…。有村さんは「小学生の頃、好きな人がいて、バレンタインにチョコを渡そうと思ったけど、恥ずかしさが勝って渡せなくて自分で食べました…」とかわいいエピソードを披露。

松坂さんは、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で岡田准一と“親子”役で共演していることに触れ「岡田さんと写真の送り合いっこをしています」と告白。別の映画で松坂さんがオカマの役を演じているときに、そのメイクと衣裳の写真などを送っているそうで「父上、どうですか? と送ると父上から『かわいいね』とかリアクションがあります」と楽しそうに明かした。

また、映画で夜、寝ない子どもをネズミに変えてしまう怪人・ジャンカリンの言い伝えが登場するが、このエピソードのような、子どもの頃に聞いた“怖い”エピソードを尋ねると、有村さんは「夜、遅くまで起きてると、“ドア星人”が来ると言われてました。マンションのドアが外れて襲ってくると…。それ以来、夜の玄関がメチャクチャ怖くて」とドア星人の恐怖を明かす。

松坂さんは「夜、口笛を吹くとヘビが出る」というわりとよく聞く言い伝えについて、「まさかと思ってたら、夜、自転車に乗ってる時に口笛を吹いたら木からヘビが落ちてきたんです! それ以来、夜は絶対に口笛は吹きません」と苦笑交じりに語った。

この日は“くるみ割り”にちなんで、キャスト陣が一人ずついろんなものの“割り”に挑戦。板野さんは鏡割り、藤井さんはスイカ割り、有村さんはくるみの形のくす玉を割ったが、松坂さんだけはかなり本気の瓦割りにチャレンジ! 10枚重なった瓦を手袋を着けた左手の拳で見事に叩き割り、これには有村さんや板野さんもビックリ! 誰より割った松坂さん本人も驚いた表情で「『ドラゴンボール』のミスターサタンになった気分!」と語っていた。

『くるみ割り人形』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top