石田純一、新たな名言?「忍耐こそ私」 妻・東尾理子は「こっちのセリフ」と苦笑い

最新ニュース

木製の手錠で繋がれた、石田純一&東尾理子夫妻/映画『ゴーン・ガール』PRイベント
  • 木製の手錠で繋がれた、石田純一&東尾理子夫妻/映画『ゴーン・ガール』PRイベント
  • 答えが一致しない、石田純一&東尾理子夫妻/映画『ゴーン・ガール』PRイベント
  • 石田純一&東尾理子夫妻/映画『ゴーン・ガール』PRイベント
  • 石田純一&東尾理子夫妻の結婚5周年記念ケーキ/映画『ゴーン・ガール』PRイベント
  • 答えが一致しない、石田純一&東尾理子夫妻/映画『ゴーン・ガール』PRイベント
タレントの石田純一&東尾理子夫妻が11月30日(日)、米映画『ゴーン・ガール』のPRイベントに出席した。結婚5周年を迎えた夫妻に降りかかる怪事件を描く本格スリラー。映画と同じく結婚5周年を迎える石田さんの口からは「忍耐こそ私」との名言が飛び出した。

一方、妻の東尾さんは「それはこっちのセリフ」と思わず苦笑い。「それでも、ケンカはない」と言い、互いの“忍耐”によっていまも夫婦円満が続いているようだ。

映画は結婚5周年の記念日に突然、妻のエミリーが失踪してしまったことから始まるデヴィッド・フィンチャー監督(『ドラゴン・タトゥーの女』『ソーシャル・ネットワーク』)の最新作。警察が夫・ニックに疑いをかけ捜査を進めるなか、メディアやSNSの暴走によって、ニックは真犯人扱いされてしまう。

ストーリーが進むにつれて、夫婦間の秘密が明かされる本作にちなみ、2人が共通の質問に答えるコーナーも。「プロポーズの言葉は?」「理子さんが自分で嫌いな体の部分は?」「初めて食べた手料理は?」「直してほしいところは?」という4問が用意されたが、両者の答えが一致したのはわずかに1問だけで、まさかの結果に石田さん&東尾さんは戦々恐々。

奇しくも本作の日本公開日である12月12日が結婚5周年だという石田夫妻。結婚5周年=木婚式にちなみ、木製の手錠でつながれた2人は「ずっと繋がっていたい。映画のようにならないよう、日々努力したい」(石田さん)、「妻じゃなくて夫が失踪する逆バージョンもありうるので…」(東尾さん)と背筋を伸ばしていた。

『ゴーン・ガール』は12月12日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top