ニュージーランド発オーガニックコスメ「リビングネイチャー」が日本上陸

最新ニュース

ニュージーランド発「LIVING NATURE(リビングネイチャー)」が、グランツリー武蔵小杉店オープンし、日本初上陸を果たした。
  • ニュージーランド発「LIVING NATURE(リビングネイチャー)」が、グランツリー武蔵小杉店オープンし、日本初上陸を果たした。
  • 11月22日のグランツリー武蔵小杉グランドオープン時には、7000人もの行列ができた。
  • 「LIVING NATURE organics・グランツリー武蔵小杉店」
11月22日(土)にオープンした新商業施設「GRAND TREE MUSASHIKOSUGI(グランツリー武蔵小杉)」は、ファッションやグルメ、ライフスタイルなど幅広いカテゴリーにわたり、日本初出店や新業態を含む最新ショップ160店が集まり、開店前には7,000人もの人が行列を作り、早くも話題沸騰中だ。

今回、グランツリー武蔵小杉に出店している日本初上陸ブランドのひとつが、ニュージーランド発のオーガニック・ブランド「リビングネイチャーオーガニック(LIVING NATURE organics・)」だ。スキンケア、ヘアケア、メイクアップなど、全86アイテムを取り扱う。

南半球の海に浮かぶニュージーランドは手つかずの自然が多く残る国で、人々は自然と共存することを心がけており、健康的でナチュラルなライフスタイルが浸透している。こうしたバクグラウンドを持つニュージーランドでは、「Trilogy(トリロジー)」や「sans(ソンズ)」など、世界的にも知名度の高いオーガニックブランドがいくつも誕生している。

今回日本に初上陸を果たした「リビングネイチャー」もニュージーランドを代表するオーガニック・コスメブランドのひとつ。ブランド名の「リビング」は植物や自然のサイクルと人間を表し、「ネイチャー」は地球上の全ての生命体を意味し、エシカルなブランドスピリッツを表現している。リビングネイチャー商品には、ニュージーランドに自生する独自の植物が多く配合され、それらの植物の持つ優れた効能がブランドのアイデンティティになっている。

たとえば、ニュージーランドのアロエベラといわれるハラケケ(ニュージーランドフラックス)のジェルは、抗菌作用や水分補給、肌を滑らかにする効果があり、石油から作り出される化学物質ジェルの代替としても使用されている。またニュージーランドの原住民であるマオリ族が薬として使っていた木マヌカからとれるマヌカ油は、抗菌、炎症防止成分として、肌の不快感や、ニキビにも効果的な成分だ。

「リビングネイチャーオーガニック・グランツリー武蔵小杉店」は、グランツリー武蔵小杉2階に出店。ニュージーランドの自然を思わせる素朴でいて落ち着きのあるリラックスした店舗となっている。冬の乾燥肌対策にもピッタリのアイテムが見つかりそう。ぜひ立ち寄ってみてはいかが?
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top