『ワンピース』史上、“最も泣ける”チョッパーの物語に新映像追加で地上波へ

最新ニュース

「2008ワンピース」製作委員会:尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 「2008ワンピース」製作委員会:尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 「2008ワンピース」製作委員会:尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 「2008ワンピース」製作委員会:尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 「2008ワンピース」製作委員会:尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 「2008ワンピース」製作委員会:尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 「2008ワンピース」製作委員会:尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
今年15周年を迎えたアニメ「ワンピース」がそのアニバーサリーイヤーの最後を飾るべく、「アニメ15周年記念『ワンピース エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜』2014年特別版」を大みそかの12月31日(水)21時から放送することが決定。さらに、この日限定の特別バージョンとして新作映像や麦わらの一味からのメッセージが追加されていることが明らかになった。

今回放送されるのは、劇場版『ワンピース』シリーズ史上“最も泣ける”と評判の高い『ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜』。麦わらの一味の船医にして青鼻のトナカイであるトニートニー・チョッパーとルフィたちの出会いを描いた「冬島・ドラム王国編」を基に、原作者・尾田栄一郎が企画の段階から参加し、オリジナル要素が加えられた本作。

「ドラム編」連載時には出ていなかったロビンやフランキーを登場させ、さらに映画オリジナルキャラクター・ムッシュールの声を声優初挑戦だったみのもんたが担当し、主題歌をワンピースの大ファンという「DREAMS COME TRUE」が書き下ろしたことでも注目を浴び、第32回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞するという超大作となった。

今回はその大ヒット作品に、ルフィたちとも深く関わったドルトンや、チョッパーに医学を教えたDr.くれはたちのその後を描いたスペシャル新作映像が加わるとのこと。いままで原作では扉絵でしか描かれなかったキャラクターたちの、その後の姿はファン必見! エンディングには、アニメ放送15周年の感謝の気持ちを込めて麦わらの一味から視聴者へスペシャルメッセージが流れるようで、最後の最後まで目が離せない内容となっている。

今年を締めくくるにふさわしいスペシャル満載&感涙必至の本作品を見ながら、大みそかの夜をすごしてみては?

「アニメ15周年記念『ワンピース エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜』2014年特別版」は12月31日(水)21時~フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top