西内まりや、役作りで髪をバッサリ30cm! 「初映画で初ショート」

映画

ロングからバッサリ30cm! 西内まりや(ショートver.&ロングver.)/『レインツリーの国』
  • ロングからバッサリ30cm! 西内まりや(ショートver.&ロングver.)/『レインツリーの国』
  • 西内まりや(ロングヘアver.)/『レインツリーの国』
  • 西内まりや(ショートヘアver.)/『レインツリーの国』
「Kis-My-Ft2」の玉森裕太を初主演映画として注目を集める、映画『レインツリーの国』。このほどモデルとして活躍し、本作で初の映画出演を果たす西内まりやが、役作りのために髪を30cmバッサリ! 人生初のショートカットを披露していることが明らかとなった。

「阪急電車」「図書館戦争」シリーズなどを手がける人気作家・有川浩の同名小説を実写化した本作。物語は、玉森さん演じる向坂伸行が、中学時代に大好きだった本「フェアリーゲーム」を何気なくネット検索したことから動き出す。“レインツリーの国”というブログを見つけ、そこに書かれている感想に共感した伸行は、管理人のひとみ(西内さん)に1通のメールを送る。

数日後、ひとみから返信があり、そこからメールのラリーがはじまり、伸行はひとみに会いたいと思うようになるが、ひとみは頑なに会うのを拒む。彼女には人には言えない秘密があったのだ…。

西内さんが劇中で人生初のショートカットを披露するのは、“ある秘密”のために自分の殻に閉じこもっていたひとみが、伸行と出会い新しい世界への一歩を踏み出す、キーポイントとなるシーンだ。

西内さんは、「初映画で初ショート。本作品で髪を切ることは、とてもワクワクでした。今までずっとロングでお仕事をしてきていたので、どんなイメージになるか予想がつかず、緊張感もありました。髪を切ったことは自分と向き合うきっかけにもなり、ファッションや気持ちも変わりました。これからまた新しい西内まりやで。そして、もっともっとありのままの私でいようと思っています」とショートヘアを自らの転機とその意気込みを語る。

そんな渾身の役作りで演じる役柄については、「ロングのひとみは自信もなく内向的。そんなひとみが伸行に出会って少しずつ変わり、ついにショートカットにして気持ちも前向きに。髪を切ったと同時に見える細かな心の変化を感じてもらえたらと思います」とコメントを寄せている。

外見だけでなく、そこに内面の変化を表現するという試みだが、果たしてどんな演技を見せてくれるのか、“女優・西内まりや”に注目だ。

『レインツリーの国』は2015年秋、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top