『妖怪ウォッチ』第2弾、吉田修一作品映画化 “東宝”2015&16年ラインナップ一挙公開!

映画

『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』-(C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2014
  • 『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』-(C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2014
  • 「ST 赤と白の捜査ファイル」映画化決定-(C) NTV
  • 福士蒼汰&有村架純『ストロボ・エッジ』-(C) 2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
  • 『暗殺教室』-(C) 2015松井優征/集英社・映画「暗殺教室」製作委員会
  • 『暗殺教室』-(C) 2015松井優征/集英社・映画「暗殺教室」製作委員会
  • 『寄生獣』 -(C) 映画『寄生獣』製作委員会
  • -(C) 2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 細田守監督の最新作『バケモノの子』
『おおかみこどもの雨と雪』などでしられるアニメーション監督・細田守が3年ぶりの最新作『バケモノの子』を12月11日(木)に、東宝本社で発表。12月も中盤に差し掛かり年末を目前に控える中、2015年の公開作品を東宝は次々と発表。現在、公開されている情報をまとめてご紹介!

話題の小説やコミックを原作に、旬の俳優たちを多数起用することで、幅広い層から支持を集める東宝作品。先日公開を迎えた実写版『寄生獣』や次回作が話題を読んでいる「NARUTOーナルトー」の劇場版作品『THE LAST ー NARUTO THE MOVIEー』、さらに今後も東出昌大×本田翼・主演の『アオハライド』(公開:12月13日)や妻夫木聡や亀梨和也が出演する『バンクーバーの朝日』(公開:12月20日)、『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』(公開:12月20日)など年末にかけて話題作が目白押しだ。

しかし、2015年にはそんな今年を超える(?)注目が集まっている作品がずらり。本日、東宝が配布した2015年の公開作品を見てみると、年明け早々には藤原竜也×岡田将生の人気ドラマの映画化作品『映画ST 赤と白の捜査ファイル』(公開:1月10日)が公開。「人気ドラマの映画化は珍しくないが、これは早すぎる。なにか、事件の臭いがする。」という“ドラマから映画化”という近年の流れを逆手にとったキャッチが大胆だ。

さらに、亀梨和也を迎えて贈るスパイ映画『ジョーカー・ゲーム』(公開:1月31日)も同じ月に公開。その後も、「Yahoo!検索大賞 2014」モデル部門に輝いた筧美和子らが出演する『テラスハウス クロージング・ドア』(公開:2月14日)、『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』(公開:3月7日)、さだまさしの名曲を小説化を経て映画化する大沢たかお主演作『風に立つライオン』(公開:3月14日)、福士蒼汰×有村架純のラブストーリー作品『ストロボ・エッジ』(公開:3月14日)、「少年ジャンプ」の人気コミックの実写化で話題を呼ぶ『暗殺教室』(公開:3月21日)、戸田恵梨香や松坂桃李ら豪華27名の共演者たち“嘘”のアンサンブルを奏でる『エイプリルフールズ』(公開:4月1日)、毎年恒例の大人も泣かせるアニメ作品『映画クレヨンしんちゃん オラの引っ越し物語~サボテン大襲撃~』(公開:4月18日)、さらに久々に副題に英語が入っていないとファンの間で話題の『名探偵コナン 業火の向日葵』(公開:4月18日)、そして伝説のコミックの実写化の後編『寄生獣 完結編』(公開:4月25日)と春先までのラインナップですでにこの豪華さ。

続く5月以降も、朝ドラ女優・有村架純が“金髪ギャル”に変身する『ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』(公開:5月1日)、真木よう子扮する主人公の脳内会議を西島秀俊、神木隆之介らが演じるという斬新設定で贈る『脳内ポイズンベリー』(公開:5月9日)、芸能人たちが次々とハマった純愛小説を松田龍平×前田敦子×木村文乃で実写化する『イニシエーション・ラブ』(公開:5月23日)、生田斗真がダークヒーローを演じる『予告犯』(公開:6月6日)、綾瀬はるかや長澤まさみが姉妹を演じる『そして父になる』の是枝裕和監督の最新作『海街diary』(公開:6月13日)、宮崎駿の引退後、庵野秀明と共に折に触れて“後継者”と囁かれる細田守が初の単独脚本で描く『バケモノの子』(公開:7月11日)、不動の大人気アニメの新シリーズ第2弾『Pokemon the movie XY 2015』(公開:7月18日)、今年の夏、高視聴率を記録し、松たか子も復活することで話題の月9ドラマの映画化『HERO』(公開:7月18日)と夏休み興行に向け若者や子供たちを狙う作品が続々公開。

そして、夏休みに入ってもまだまだ豪華フルコースは続く。最初の一撃を見舞うのは、すでに賛否の声が渦巻く2015年の“台風の目”的な作品『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(仮)』(PART1公開:8月/PART2公開:9月)、そしてファンの期待が急上昇中の『BORUTO NARUTO THE MOVIE(仮)』(公開:8月)、向井理と綾野剛の“塩系男子”が激しいアクションに挑む『劇場版S 最後の警官』(公開:8月29日)。

さらに秋以降の作品もすでに発表されている。佐藤健×神木隆之介で贈る『バクマン。』(公開:10月)、先日、続編として製作決定が発表されたばかりの岡田准一・主演作『図書館戦争-THE LAST MISSION-』(公開:10月)、第二次世界大戦の最中、“日本のシンドラー”と呼ばれた男の半生を描く『杉原千畝 スギハラ チウネ』(公開:11月)、フジテレビが開局55周年記念として立ち上げた大型プロジェクトのトリを飾る小栗旬・主演作『信長協奏曲』(公開:12月)、『映画 妖怪ウォッチ 第2弾(仮)』(公開:12月)と、冬作品もかなりホットなラインナップとなっている。

また、2016年の公開作品の情報も入手。『告白』などを手がけたプロデューサー・川村元気による70万部突破の小説を佐藤健・主演で映画化する『世界から猫が消えたなら』(公開:2016年)、山岳小説の最高峰とも言われる夢枕獏の小説を壮大なスケールで描く『エヴェレスト 神々の山嶺』(公開:2016年)、大泉洋を主演にサバイバルコミックを実写化した『アイアムアヒーロー』(公開:2016年)、作家・吉田修一×監督・李相日の『悪人』タッグで贈る『怒り』(公開:2016年)、そして東宝が2015年以降注力していくと宣言した日本版『ゴジラ』(公開:2016年)と、どの季節を見ても、どこまで先を見ても、揺るぎない東宝作品の豪華ラインナップに注目だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top