ジャスティン・ビーバーも完敗!? セレーナ・ゴメスを射止めた新鋭俳優に注目

映画

ルーク・ブレイシー/『スパイ・レジェンド』 (C)2014 No Spies, LLC.  All Rights Reserved
  • ルーク・ブレイシー/『スパイ・レジェンド』 (C)2014 No Spies, LLC.  All Rights Reserved
  • ルーク・ブレイシー/『スパイ・レジェンド』 (C)2014 No Spies, LLC.  All Rights Reserved
  • ルーク・ブレイシー/『スパイ・レジェンド』 (C)2014 No Spies, LLC.  All Rights Reserved
  • ルーク・ブレイシー/『スパイ・レジェンド』 (C)2014 No Spies, LLC.  All Rights Reserved
  • ルーク・ブレイシー/『スパイ・レジェンド』 (C)2014 No Spies, LLC.  All Rights Reserved
  • ルーク・ブレイシー/『スパイ・レジェンド』 (C)2014 No Spies, LLC.  All Rights Reserved
  • ルーク・ブレイシー/『スパイ・レジェンド』 (C)2014 No Spies, LLC.  All Rights Reserved
  • ルーク・ブレイシー/『スパイ・レジェンド』 (C)2014 No Spies, LLC.  All Rights Reserved
2011年に『恋するモンテカルロ』で共演したセレーナ・ゴメスと急接近し、昨年のゴールデン・グローブ賞のアフターパーティではセレーナとただならぬ雰囲気で「新恋人か!?」とうわさになっていたオーストラリアの新鋭俳優ルーク・ブレイシー。

彼は、2015年1月17日(土)より日本公開となる、元“007”のピアース・ブロスナン主演作『スパイ・レジェンド』に出演。ブロスナン演じる伝説的スパイが育て上げた“有能な弟子”として、本作でキメキメのアクションを見せている。セレーナの心を一瞬で虜にしたという、いま大注目のルーク・ブレイシーの魅力に迫った。

『007』シリーズの人気を復活させた立役者で、かつてのジェームズ・ボンドとして知られるブロスナンが、13年ぶりに本作スパイ・アクションに挑んだ『スパイ・レジェンド』。本作では、ブロスナン演じる伝説のスパイ“ノベンバー・マン”こと元CIAエージェントのピーター・デヴェローが、自ら手塩にかけて育て上げた愛弟子であり、現役最強のスパイであるメイソンと壮絶なバトルを繰り広げることも見どころのひとつとなっている。

メイソン役を演じる俳優は、スパイとして厳しく鍛え上げられているため、そう簡単にはブレない意志の強さと冷酷な野心、さらにターゲットに対して抱く複雑な心情をも表現できなくてはならない。これらの条件をすべて満たし、抜擢されたのがブレイシーだ。『G.I.ジョー バック2リベンジ』でコブラコマンダーを見事に演じたことが起用の決め手となったという。

ブレイシーは「最初に話が来たとき、自分がこんな役をもらえるなんてまったく信じられなかったけど、共演できて本当に幸せだった」と言う。一方のブロスナンは、ブレイシーとの共演について「彼は恐れ知らずで勇敢。何でもすぐに吸収して演技に生かせる才能があるね」と語り、太鼓判を押している。

今回の大抜擢で、役者としての知名度が格段に上がったブレイシー。コブラコマンダーでは隠されていたその甘いマスクとセクシーな魅力に、実はすでに多くの女優がメロメロになっているようで、『恋するモンテカルロ』に出演していた結婚前のレイトン・ミースターに、ジャスティン・ビーバーと破局直後のセレーナ・ゴメスなど、枚挙にはいとまがない。

今後は、キアヌ・リーヴス主演でカルト的な人気を集めた『ハートブルー』のリメイク版『Point Break』(原題)に、キアヌが演じたジョニー・ユタ役で出演するほか、出演した俳優はブレイク必至といわれるニコラス・スパークス作品の映画化『The Best of Me』(原題)にも起用されるなど、ハリウッドの次世代スタートして注目が集まっている。

本作でも、ウェイトレス、隣人、そして猫まで(?)をも簡単に落とす、その爽やか系イケメンの眼差しと、美しすぎる肉体美を惜しげもなく披露するベットシーンは、全女性必見のポイントとなりそうだ。

『スパイ・レジェンド』は2015年1月17日(土)より角川シネマ有楽町、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top