能年玲奈、クラゲ命名に“独自センス”炸裂!

最新ニュース

能年玲奈、クラゲ命名に“独自センス”炸裂!
  • 能年玲奈、クラゲ命名に“独自センス”炸裂!
  • 能年玲奈、クラゲ命名に“独自センス”炸裂!
  • 能年玲奈、クラゲ命名に“独自センス”炸裂!
  • 能年玲奈、クラゲ命名に“独自センス”炸裂!
  • 能年玲奈、クラゲ命名に“独自センス”炸裂!
  • 能年玲奈、クラゲ命名に“独自センス”炸裂!
  • 能年玲奈、クラゲ命名に“独自センス”炸裂!
映画『海月姫』でクラゲオタクの主人公を演じた能年玲奈が12月16日(火)、すみだ水族館で行われたイベントにタレントで魚の研究者としても知られるさかなクンと共に出席。映画にちなんで、タコクラゲの命名を行なった。

東村アキコの325万部突破の人気漫画の実写化。オタク女子ばかりが暮らす古アパートを舞台に、謎の美人女装男子に童貞男の出現、さらにアパートの撤去危機など様々なドラマが繰り広げられる。

クラゲの飼育に力を入れるすみだ水族館でのイベントに、能年さんは「興奮してます」と静かに微笑む。撮影を通じてクラゲに詳しくもなったそうだが、特に劇中で能年さん演じる月海が買うことになるタコクラゲに愛着があるようで「やっぱり(撮影を)共にしたのでクララ(※劇中のタコクラゲの名前)がかわいくてしょうがないです」と語る。

さかなクンは、能年さん主演のNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」にも出演しており、意外な場所で「あまちゃん」ファミリーが再会することに。能年さんは印象的なシーンとして冒頭の熱帯魚店でのシーンを挙げたが、実は撮影が行われたのは「ギョ反田(=五反田)のお店で、僕が毎週火曜お店なんです!」(さかなクン)とのこと。お店の人から撮影があることを聞いて「ギョギョっとビックリしました! 応援したいと思ってタイ焼きを持って行ってきました」と陣中見舞いに訪れたことを明かした。

さかなクンはなんと能年さんに現場でお願いして持参した「あまちゃん」の舞台である久慈の海女さんの衣裳を着てもらって写真撮影を行なったという。能年さんは「月海の三つ編みで…(笑)」と楽しそうにその時のことをふり返ったが、「楽しくお話してたけど、(撮影で使用する)クラゲが来たらクラゲに夢中になってピューッと(いなくなった)。クラゲに負けた! と思いました(笑)」と悔しそうに(?)語っていた。

この日、能年さんはすみだ水族館で生まれた生後3か月のタコクラゲの名付け親になることに! 能年さんはこのタコクラゲを「水玉ポンちゃん」と命名。曰く「水玉が名字でポンちゃんは名前。名字があった方がかわいいと思った」と独特のセンスを炸裂させた。名前を授けるとさっそく、ポンちゃんに夢中でエサをやり、満面の笑みを浮かべていた。

『海月姫』は12月27日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top