“田中哲司”気分? 仲間由紀恵、安住アナの暴走を止める

最新ニュース

安住紳一郎アナウンサー&仲間由紀恵/「第56回輝く!日本レコード大賞」記者会見
  • 安住紳一郎アナウンサー&仲間由紀恵/「第56回輝く!日本レコード大賞」記者会見
  • 安住紳一郎アナウンサー&仲間由紀恵/「第56回輝く!日本レコード大賞」記者会見
  • 仲間由紀恵/「第56回輝く!日本レコード大賞」記者会見
  • 安住紳一郎アナウンサー&仲間由紀恵/「第56回輝く!日本レコード大賞」記者会見
  • 仲間由紀恵/「第56回輝く!日本レコード大賞」記者会見
  • 安住紳一郎アナウンサー&仲間由紀恵/「第56回輝く!日本レコード大賞」記者会見
  • 仲間由紀恵/「第56回輝く!日本レコード大賞」記者会見
  • 安住紳一郎アナウンサー/「第56回輝く!日本レコード大賞」記者会見
「第56回輝く!日本レコード大賞」で総合司会を務める仲間由紀恵とTBSの安住紳一郎アナウンサーが12月18日(木)に記者会見を行なった。

56回目を迎える今年は優秀作品賞に「サザンオールスターズ」、「ゆず」、「AKB48」、「三代目J Soul Brothers」、「SEKAI NO OWARI」、きゃりーぱみゅぱみゅ、「AAA」などベテランから若手まで多彩な顔ぶれが並ぶ。

仲間さんと共に会見場に現れた安住アナは冒頭から「こうしてると田中哲司さんになった気分です」と今年、仲間さんが俳優の田中哲司との入籍を発表したことを踏まえていきなりジャブ! 仲間さんは「安住さんは『(司会を)楽しみたい』と仰ってますが、私は最後まで緊張感を持って臨みたいと思います(笑)」と切り返す。

楽しみにしているアーティストに話が及ぶと仲間さんは「(優秀作品賞の)10組の方はどなたが大賞を獲ってもおかしくない方ばかり。『AKB48』が今年もというのも期待しますし、『三代目J Soul Brothers』が初のという期待もあります。『サザンオールスターズ』は(『TSUNAMI』以来)14年ぶり…どなたが獲ってもいいなと思いますし楽しみです」と語る。

安住アナは「きゃりーぱみゅぱみゅさんに『SEKAI NO OWARI』さん、この2組も注目です!」ときゃりーとセカオワのFukaseが交際中ということを念頭に(?)、言及し、すぐさま仲間さんが「大賞を獲るかという意味で(笑)」とフォローする一幕も。

さらに安住アナは、仲間さんがNHKの紅白歌合戦で過去4回司会を務めていることに触れつつ、今年、仲間さんが出演した連続テレビ小説「花子とアン」主演の吉高由里子が紅白で司会を務めることも踏まえて「吉高さんと“向こう”の道をというのも当然あったはず。そういう中でレコ大に…」とも。仲間さんは「私の方こそ呼んでいただいて光栄です」と笑顔でレコ大の初司会の喜びを口にしていた。

「第56回 輝く!日本レコード大賞」は12月30日(火)17:30よりTBSにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top