夏木マリが金髪モヒカン&パンク衣裳で祝福!「ティム・バートン展」20万人突破

最新ニュース

金髪モヒカン&パンク衣裳で登場した、夏木マリ/展覧会「ティム・バートンの世界」20万人突破セレモニー
  • 金髪モヒカン&パンク衣裳で登場した、夏木マリ/展覧会「ティム・バートンの世界」20万人突破セレモニー
  • 金髪モヒカン&パンク衣裳で登場した、夏木マリ/展覧会「ティム・バートンの世界」20万人突破セレモニー
  • 金髪モヒカン&パンク衣裳で登場した、夏木マリ/展覧会「ティム・バートンの世界」20万人突破セレモニー
  • 夏木マリ&20万人目の来場者/展覧会「ティム・バートンの世界」20万人突破セレモニー
  • 金髪モヒカン&パンク衣裳で登場した、夏木マリ/展覧会「ティム・バートンの世界」20万人突破セレモニー
  • 金髪モヒカン&パンク衣裳で登場した、夏木マリ/展覧会「ティム・バートンの世界」20万人突破セレモニー
森アーツセンターギャラリー(東京・六本木)にて11月1日(土)より開催されている展覧会「ティム・バートンの世界」の来場者数が12月22日(月)で20万人を突破。これを記念してゲストにバートン作品の大ファンである夏木マリを迎え、セレモニーが行われた。

同展示ではティム・バートンの作品をテーマ、モチーフ、プロジェクトごとのセクションで体系化。彼の芸術活動をより掘り下げて理解すべく、約500点の作品が日本で初めて展示されている。開幕から27日目で10万人を突破したが、その後も客足は衰えることなく、クリスマスを前に20万人突破となった。

夏木さんは「(バートンに)インスパイアされてこんなカッコになった(笑)」という、ド派手な金髪モヒカンに、スタッズが付いたパンキッシュな衣裳で登場し、来場客の度肝を抜く。

バートンを「リスペクトしている」と語る夏木さん。改めて今回の展示について「じっくり拝見すると3時間はかかります」と語り、特に気に入った展示として彼が『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を撮るより前の無名時代に製作した「ヘンゼルとグレーテル」を挙げ、「最高です」とニッコリ。「いろんなシークェンスがあって楽しい」と魅力を語った。

20万人目の観客となった女性客の2人は「小さい頃から『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を観てました」「世界観が好き」と語るが、夏木さんもその言葉に「チャーミングですよね」とうなずく。ちなみに、夏木さん自身のお気に入りの映画は『アリス・イン・ワンダーランド』。「おとぎ話は怖いものですが、(同作は)怖いけれど違うフォーカスで描いている」と評する。

この展示会で「いろんなインスパイアを受けた」とも語り、実際に来年のライヴの衣裳に関して「ティム・バートンの世界でやりたい!」と宣言。この日の衣裳についても襟元の部分のスタッズが首に触れるも「痛いけれど、オシャレは我慢!」と豪快に笑い飛ばしていた。

「ティム・バートンの世界」は1月4日(日)まで開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top