広末涼子、生田斗真&小栗旬の“先生”に! ドラマ「ウロボロス」

最新ニュース

柏葉結子先生役に抜擢された、広末涼子/ドラマ「ウロボロス」-(C) TBS
  • 柏葉結子先生役に抜擢された、広末涼子/ドラマ「ウロボロス」-(C) TBS
  • 上野樹里×日比野美月/「ウロボロス」(C)神崎裕也/新潮社
  • 生田斗真演じる龍崎イクオ&小栗旬演じる段野竜哉「ウロボロス」(C)神崎裕也/新潮社
  • 柏葉結子先生役に抜擢された、広末涼子/ドラマ「ウロボロス」-(C) TBS
  • 中村橋之助&武田久美子&ムロツヨシ/「ウロボロス」(C)神崎裕也/新潮社
  • 吉田鋼太郎&吉田羊&清野菜名&滝藤賢一&光石研/「ウロボロス」追加キャスト
生田斗真と小栗旬が8年ぶりに“バディ”としてタッグを組むことで話題のTBSドラマ「ウロボロス」(2015年1月16日スタート)。このほど、生田さんと小栗さん扮するメインキャラクターの“先生”役として、広末涼子が出演することが明らかとなった。

児童養護施設・まほろばの家で育った、孤児の龍崎イクオと段野竜哉。2人が目撃したある事件を目撃するーーそれから15年後、イクオ(生田斗真)は新宿第二署刑事課の刑事となっていた。

ドジで明るいお人好し、冴えない男だが、検挙率は署内No,1のイクオと“バディ”を組むこととなったのは、東大出のエリートキャリア・日比野美月警部補(上野樹里)。一方、竜哉(小栗旬)は抜群のルックスと頭脳を生かし、暴力団幹部にまでのし上がっていた。2人は誰にも知られてはならない“相棒”となり、最強の権力組織である警察の闇を暴こうとするのだが…。

そんな本作で広末さんが演じるのは原作コミックでも人気のキャラクターで、イクオと竜哉の育ての親とも言える児童養護施設「まほろばの家」の先生・柏葉結子。2人の母親的な存在であると同時に、2人が“目撃してしまった”事件で殺されてしまう人物だ。その事件は「金時計を身につけた警察関係者」に握りつぶされてしまい、イクオと竜哉は警察内部の闇を暴こうとそれぞれの道を歩き出していくことからも、広末さんが演じる結子先生は物語の鍵を握る重要人物と言える。

今回の抜擢に、広末さんは「主人公2人の心に残る…母性を感じさせる明るく優しい人であり、記憶に残る…強く眩しい存在であることができるよう、全身全霊頑張ります」と、その意気込みをコメントで寄せている。

実生活でも母の顔を持つ広末さんが、どんな女性像を見せてくれるのか。

ドラマ「ウロボロス」は2015年1月16日(金)スタート/毎週金曜22時~TBSにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top