2014年韓ドラ視聴率ランキング発表! 第1位はパク・シフ主演「清潭洞アリス」

韓流・華流

「清潭洞<チョンダムドン>アリス」(C)SBS
  • 「清潭洞<チョンダムドン>アリス」(C)SBS
  • 「モダン・ファーマー」(C)SBS
  • 「私に嘘をついてみて」 (C)SBS
  • 「太陽を抱く月」(C)MBC,iMBC All Rights Reserved.
映画、音楽、アニメなど豊富なコンテンツを誇る、NTTドコモが提供する定額制の動画配信サービス「dビデオ」。このほど、2014年の韓国ドラマ視聴率ランキングTOP10を発表され、パク・シフ、カン・ジファン&ユン・ウネ、キム・スヒョンら、日本でも大人気の韓流スターの出演ドラマがランクイン。また、併せて、日本でも大人気のロックバンド「FTISLAND」のイ・ホンギが主演を務める「モダン・ファーマー」を2月1日(日)より日本最速配信することも発表された。

栄えあるランキング第1位に輝いたのは、「検事プリンセス」や『殺人の告白』など日本でも熱いファン層を持つパク・シフが、いままでのシリアスなキャラクターのイメージから一転し、コミカルな演技に挑戦した話題作「清潭洞<チョンダムドン>アリス」。

失恋の痛手でひねくれまくった厄介なCEO、チャ・スンジョ(パク・シフ)は、ねちっこくて度量は小さいが、根の部分はどこまでもピュアという憎めないキャラクター。一方、ヒロインのハン・セギョン(ムン・グニョン)は“努力が私を作る!”と奮闘するタフな性格だが、ある出来事を機に“玉の輿”を目指すことになる――。

これまでの“身分差ロマンス”やシンデレラストーリーとはひと味違った展開で、本国でも大ヒットした本作。パク・シフは7位にもランクインした「王女の男」に出演しており、その人気は健在だ。

続く第2位は、カン・ジファン×ユン・ウネという韓国2大ロマコメ・スターが競演する「私に嘘をついてみて」。最高視聴率37.9%を記録したドラマ「シークレット・ガーデン」のクォン・ヒョクチャンと、名作「グリーンローズ」のキム・スリョンが演出を担当したことでも話題に。

公務員のコン・アジョン(ユン・ウネ)と偽装結婚をすることになったイケメン若手企業家ヒョン・ギジュン(カン・ジファン)。やがて彼女の嘘に巻き込まれ、振り回されながらも徐々に惹かれ始めるが、恋のライバルや昔の恋人が絡み合い、前途多難に。ケンカと騙しあいの果てに、真実の恋は生まれるのか?

目の離せないハラハラのラブストーリーとともに、見どころとなったのはユニークなキスシーン。カラオケで盛り上がっての“カラオケ・キス”やコーラを全身に浴びての“コーラ・キス”など、工夫をこらした設定でラブコメファンの心をつかんだ。

そして、3位はNHK BSプレミアムでも放送されていたキム・スヒョン主演の「太陽を抱く月」。韓国で100万部以上のベストセラーとなった小説が原作で、最高視聴率46.1%を記録した大ヒットファンタジー・ロマンス史劇。

『シークレット・ミッション』など数々のヒット作に出演し、いまやアジアを代表する俳優となったキム・スヒョン演じる朝鮮王朝の王イ・フォンと、ハン・ガイン演じる記憶を失って巫女として生きるウォルの切ない純愛物語を描く。

史実に縛られず設定を完全なフィクションに徹底したことで、よりドラマチックに描かれたロマンスや陰謀の顛末に、CGや小物、カメラワークなどを駆使したファンタジー的表現がマッチし、人気ジャンルとなった歴史ドラマの中でも、これまでにない新感覚の物語となった。

また、dビデオでは新たな韓国ドラマとして、現在本国で絶賛放送中、まもなく最終回を迎える「FTISLAND」のイ・ホンギ主演作「モダン・ファーマー」を2月1日より日本最速配信する。

かつて大人気だったロックバンドが人生の一発逆転を狙うべく、遺産として受け取った1万坪の白菜畑に、ロックバンドとしての復活という大きな“夢”をかけて奮闘するというコメディ。イ・ホンギが演じる主人公ミンギを取り巻く恋模様も見どころのひとつ。

ドラマ以外にも「ヒチョル(SUPER JUNIOR)&キー(SHINee)の私たち結婚しました」などの人気バラエティや、チャン・グンソク主演の「美男(イケメン)ですね」、パク・ユチョン主演の「屋根部屋のプリンス」など人気ドラマのメイキング映像も多数配信するdビデオ。年の瀬は、気になっていたあのドラマの“イッキ見”して過ごしてみては?

<2014年の韓国ドラマ視聴率ランキングTOP10>
1位 清潭洞<チョンダムドン>アリス
2位 私に嘘をついてみて
3位 太陽を抱く月
4位 イニョン王妃の男
5位 トンイ
6位 屋根部屋のプリンス
7位 王女の男
8位 となりの美男<イケメン>
9位 男が愛する時
10位 Dr.JIN<完全版>
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top