「嵐」が紅白に向け抱負! "大先輩"「V6」のステージは「いちファンとして楽しみ」

最新ニュース

大晦日の「第65回NHK紅白歌合戦」で司会を務める「嵐」(大野智、松本潤、櫻井翔、二宮和也、相葉雅紀)が報道陣の取材に応じ、意気込みを語った。

「嵐」は今回で5年連続・5回目の白組司会の大役を務めることになり、歌手としても6回目の出場を果たす。今年は、デビュー15周年という節目の1年をだったが、松本さんは「15周年の最後の日に、5人で歌わせてもらう機会をいただいて年を締められるのが嬉しいです。応援いただいている方や見ていただいている方への感謝の気持ちを込めていいパフォーマンスを見せたい」と意気込む。

櫻井さんは初出場となった2009年の第60回をふり返り「この時は我々は(デビュー)10周年だったんですが、すごく思い出深かったです。この時のことを思い出しながらやりたい」と感慨深げ。相葉さんも「もう6回目なんですね…」としみじみ。「毎回、『これで最後』という気持ちで臨んでいたので、(司会)5回連続、(出場)6回目なんだ…というのが率直な気持ちです」と思いを口にする。

大野さんは「紅白には独特の緊張感があるんですが、それを楽しみつつ、最後に勝って年を越したいと思います!」と白組の勝利を誓う。二宮さんは「今年の音楽業界を彩った方々と同じステージに立てるのが嬉しい」と喜びを口にし、「今年1年、何をやって来たか? 最後の総決算が出来る場所なのでそれが出来れば」と語った。

今回、事務所の先輩でもある「V6」が紅白初出場を果たしたが、かつて「V6」のバックダンサーを務めていた経験のある大野さんは「ずっと踊ってたので、何の曲をどんなふうにやるのか楽しみです!」と語る。「すごいファンで、何度もコンサートに行っている」という二宮さんが「先輩・後輩とかじゃなく、いちファンとして楽しみ」と言えば、相葉さんも「僕もすごく好きなので単純に楽しみです」と笑顔で語った。

櫻井さんは出場が決まってから井ノ原快彦と連絡を取ったことを明かし「大晦日にご一緒できるのは嬉しい」と語る。松本さんは「司会として先輩たちのステージを盛り上げられたら」と司会者としてサポートを誓いつつ「『バク転するのか?』ということが報じられていましたが、僕の中でもそういう印象が強い。アクロバティックなコンビネーションや息の合ったダンスが楽しみです!」とやはりファンの顔で目を輝かせていた。

「第65回 NHK紅白歌合戦」は12月31日(水)19:15~NHK総合・ラジオ第1にて放送。
※20:55~21:00 は中断ニュース。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top