中谷美紀、「ゴーストライター」から『繕い裁つ人』まで演じきる美しきアラフォー

映画

『繕い裁つ人』-(C) 2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
  • 『繕い裁つ人』-(C) 2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
  • 天才作家を演じる、中谷美紀/ドラマ「ゴーストライター」トークイベント
  • 『繕い裁つ人』-(C) 2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
  • 『繕い裁つ人』-(C) 2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
  • 『繕い裁つ人』-(C) 2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
  • 『繕い裁つ人』-(C) 2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
  • 『繕い裁つ人』-(C) 2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
  • 『繕い裁つ人』-(C) 2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
日本アカデミー賞を受賞した『嫌われ松子の一生』や、『ゼロの焦点』『阪急電車 片道15分の奇跡』など、その唯一無二の存在感と高い演技力に定評のある女優、中谷美紀。

本日、1月12日(月)に39歳の誕生日を迎えた中谷さんは、今年、13年ぶりの連続ドラマ主演となる「ゴーストライター」では“ゴーストライター”を雇う天才女流作家に、1月31日(土)公開の映画『繕い裁つ人』では職人気質の究極“こじらせ女子”にと、早くも大活躍。映画、ドラマだけでなく、舞台、さらには歌手としても才能を発揮し、美しく年齢を重ねていく姿には、男性だけでなく、多くの女性からも憧れの的として高い支持を受けている。そんな“美しすぎるアラフォー”中谷美紀のいまを、3つの数字から探ってみた。

◆女優デビューから13年後に日本アカデミー賞受賞!
1993年、TVドラマ 「ひとつ屋根の下」で女優デビューした中谷さん。毎年活躍の場を広げ、13年後の2006年、中島哲也監督の『嫌われ松子の一生』にて教師からソープ嬢、果ては殺人まで犯してしまう壮絶な人生を送った松子を熱演し、第30回日本アカデミー賞「最優秀主演女優賞」を受賞。かねてから高く評価されていた演技力を、改めて世に知らしめた。

◆タイムリーなテーマで13年ぶりに連続ドラマ主演!
1月13日(火)スタートのドラマ「ゴーストライター」(フジテレビ系)では、「恋するトップレディ」(’02年1月期)以来、13年ぶりに連続ドラマの主演を務めることでも話題の中谷さん。“天才小説家”と謳われながらもその肩書きに疲れ、自らの才能に悩み、小説家を夢見て東京にやってきた女性(水川あさみ)をゴーストライターとして雇ってしまう難しい役どころに挑戦する。ひとりの女性としての幸せの在り方や、生きがい、仕事と恋愛のライフワークバランスなどをテーマに、悩める現代女性を演じていく。

◆映画出演33作目!『繕い裁つ人』では新境地“頑固じじい”を熱演!?
一方、池辺葵・原作の人気コミックの映画化『繕い裁つ人』で映画出演作33本目を迎える中谷さんは、神戸で祖母が築いた「南洋裁店」を受け継ぐ2代目の仕立て屋、市江を演じる。「“夢を見るための洋服”を大切に真摯に繕う市江の姿に惹かれました」と語る中谷さんは、市江の凛としたプロフェッショナルの顔と、まるで“頑固じじい”のごとく、ぶっきらぼうで口は悪いが、まっすぐな心を丁寧に演じきる。

役づくりにあたり、普段、ミシンや裁縫などしたことがなかったという中谷さんは、約1か月間、足踏みミシンの練習に励み、見事習得。最終的には裁縫指導にあたった先生から「実際の職人よりも巧いかもしれない」と太鼓判を押されるほどの腕前になったそう。

撮影期間16日間のわずかな合間をぬって、本作の三島有紀子監督に手作りのポンチョをプレゼントしていたという中谷さん。多忙な中でも、決して周囲への思いやりを忘れないその姿は、ひとりひとりの心に寄り添う洋服を繕い続ける市江と、どこか共通している。

そんな中谷さんの美しさの秘訣を“3つの文字”で表すとすれば、それは「行動力」。実力派女優としての地位を確立してもなお、常に新しいことに前向きにチャレンジし続けられる意思の強さと内なる努力が、常に第一線で輝き続ける理由なのかもしれない。

『繕い裁つ人』は1月31日(土)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開。
ドラマ「ゴーストライター」は1月13日(火)より21:00~フジテレビにて放送開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top