二宮和也、ビートたけしと初共演で“師弟”関係に! 立川談志描く「赤めだか」

最新ニュース

立川談志役のビートたけし
  • 立川談志役のビートたけし
  • 立川談春原作 扶桑社刊「赤めだか」
落語家の枠を超え、芸能界、政治家にまでなり世の中をあっと驚かせ、2011年11月にこの世を去った立川談志。その一門を弟子の立川談春が描いた原作「赤めだか」をTBSの2015年度大型スペシャルドラマとして映像化。このほど本作の主演・立川談春役に「嵐」の二宮和也が、師匠・立川談志役にビートたけしが演じることが明らかになった。

いま、チケットの入手が最も困難といわれる落語家・立川談春。17歳のときに「天才」「風雲児」といわれた立川談志のものに弟子入りし、新聞配達をしながら生計を立て、弟子仲間たちと苦楽を共にしながら成長していく様子と落語に挑み続けた男・立川談志の破天荒な生き様を“弟子目線”から描く。

初の落語家を演じることになった二宮さんは「今回、こんなに素晴らしいキャストとスタッフ、そしてこの作品に参加させてもらえるなんて、自分はとことんツイてる人間だなと(笑)。でも運に縋らず、傲らず、真摯に向き合っていきます」と意気込みを語った。

一方、談志役のたけしさんは「これも何かの縁。一度は立川の名前をいただいたこともあったので。もうお返ししちゃいましたけど。俺が談志師匠をやると聞いたら、さぞ嫌がるだろうなあと思って引き受けました。二宮君に迷惑かけないといいけれど、どうなることやら」とコメントした。

原作者の談春さんは、自身の役を演じる二宮さんについて「配役を聞いて震えました。二宮さんと何年か前にご一緒したおり、お若いのに地に足のついたといいますか、芯の強さを感じ、その細やかな気遣いに驚きました。私自身が意識していない“談春像”を早くも作り上げているようです。その冷静で的確な観察眼、とても楽しみです」。

さらにたけしさんについては「一方、中学生の頃から憧れ続けたたけしさんと、ようやくご縁が繋がったことに興奮しています。立川談志の弱さまで演じることのできる人。そこまで演じても違和感のない唯一の人です。二人にオファーをしてくれたスタッフと、引き受けたくれたお二人に心から感謝します。赤めだかは幸せな作品です」と興奮冷めやらぬ様子。

二宮さん演じる談春をとりまくキャストは今後発表されるとのこと。初共演となる二宮さんとたけしさんの“師弟愛”はどのように描かれるのか? 続報を待ちたい。

スペシャルドラマ「赤めだか」は2015年、TBSにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top