リース・ウィザースプーン主演『グッド・ライ』、笑顔が光るビジュアル到着

映画

『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』メインビジュアル (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』メインビジュアル (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • ロン・ハワード監督
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
リース・ウィザースプーンを主演に、『ビューティフル・マインド』『ダ・ヴィンチ・コード』『ラッシュ/プライドと友情』などで知られるロン・ハワード監督が製作を務める最新作『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』。

“ロストボーイズ”と呼ばれる難民たちとアメリカ人との間に生まれたドラマを描いた本作の公開が、4月17日(金)に決定。併せてメインビジュアルも到着した。

カンザスシティの職業紹介所で働くキャリー(リース・ウィザースプーン)は、スーダンの内戦で両親や住む家を失った、“ロストボーイズ”と呼ばれる難民のマメールと二人の仲間を就職させるという仕事を任せられることに。

しかし、電話を見るのも初めて、車に乗せると一瞬で酔い、マクドナルドもピザも知らない彼らを就職させることは彼女にとって最難関のミッション。当初は彼らにイラつくキャリーだったが、その成長を見守るうちに思いがけない友情が芽生え、彼女の生き方さえも変えていく…。

1983年、アフリカのスーダンで始まった内戦によって、親も住む家もなくした数万人の子どもたち。十数年後、難民キャンプで育った3,600人の若者たちをアメリカとスーダンが協力して全米各地に移住計画を実行した。

こうした“ロストボーイズ”の実話を、アカデミー賞「外国語映画賞」にノミネートされた『ぼくたちのムッシュ・ラザール』のフィリップ・ファラルドー監督が映画化。自由の国への切符を手にした彼らを就職させる女性・キャリーを、『Wild』(原題)で第87回アカデミー賞で「主演女優賞」に2度目のノミネートを果たしているリースが、持ち前の明るさで好演する。

リースを始め、製作のロン・ハワード、ファラルドー監督からコメントが到着している。

■主演 リース・ウィザースプーン
「私が演じたキャリーは都会によくいる独りで生きてきたタイプの人間なの。それが突然、ロストボーイズたちの面倒を見ることになる。当然最初は彼らを理解できないんだけど、次第に彼らの人生に引き込まれ、彼女の心は開かれていくの。これは2つの異なる世界が出会う話なのよ。どれも豊かで実りのある経験になったわ」

■製作 ロン・ハワード
「アメリカは移民の国であり、この話はアメリカ人が歩んできた歴史そのものだ。笑いがあって非常にエモーショナルなストーリー、そして私たちが知らなかった世界の事実を知ることができるんだ」

■監督 フィリップ・ファラルドー
「世界の見方はいくらでもあるし、僕らのものがすべてではない。自分以外の世界…“他人”を人生に迎え入れるのは大きな賭けだ。でも賭ける価値のあるギャンブルだよ。この映画のテーマはそんなところにあるんだ」

公開されたメインビジュアルは、“ロストボーイズ”の笑顔とキャリーの希望に溢れた顔が印象的。世界の裏側で起こった実話をベースにした笑いアリ、涙アリのヒューマン・ストーリーにこれからも注目していて。

『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』は4月17日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top