リース・ウィザースプーン、誰かを大切に思う“ウソ”に惹かれた理由とは…『グッド・ライ』

映画

『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』 (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
  • 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』メインビジュアル (c)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved
4月17日(金)より劇場公開されるリース・ウィザースプーン主演『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』『ゴーン・ガール』など作品のプロデュース業や、女優としても本年度アカデミー賞「主演女優賞」にノミネートされるなど、ますます活躍の幅を広げているリースから、本作への出演について語ったコメントがシネマカフェに到着した。

1983年、アフリカ大陸のスーダンでは内戦が始まり、数万人の子どもたちが両親の命と住む家を奪われた。13年後、アメリカとスーダンが協力し、難民キャンプで育った3,600人の若者たちが全米各地に移住することに。突然、自由の国への切符を手渡された若者たちと、彼らを受け入れたアメリカ人たちとの間には、“やさしい嘘”から生まれたドラマがあった――。

実話をベースにした物語を、『ビューティフル・マインド』でアカデミー「作品賞」と「監督賞」に輝いたロン・ハワードが製作、『ぼくたちのムッシュ・ラザール』でアカデミー「外国語映画賞」にノミネートされたフィリップ・ファラルドーが監督した本作。

3児の母として、プロデューサーとして、女優として、多忙を極めるリースは、「私のホテルの部屋を見るべきだわ。今日の朝は、パンケーキがあって、ミルクがあって、10代の子どもたちがいて、とにかくカオスだったから」と和やかに語る。本作で難民の兄弟に職業を紹介する女性キャリーを演じたことについて、母親であることは演じ方に影響していたようで、「それは、絶対そうね。母親としては、子どもに関係する役は何でも、より強烈に共感するものだから」と明かした。

それだけ多忙を極める彼女が、本作を選んだのは、マーガレット・ネイグルによる脚本が優れていたからだという。「彼女がどれだけのリサーチをしたのかよく分かるの。というのも、私は役を演じるにあたり、ドキュメンタリーを見たんだけど、すべて本当に完璧に正確に描かれていたから。だから、私はこの映画がやりたいと思った。実際、マーガレットに会って、フィリップ(・ファラルドー監督)に会って、本当に素晴らしいと思ったわ」とふり返って語る。

「自分の人生に感謝する瞬間ってこれまでにもたくさんあったけど、こうやってほかの人の視点から自分たちの持つ特権や、どれだけの機会に恵まれているのかを知らされることって珍しいから。それが教育であれ、医療であれ、食べ物であれ、飲料水であれね。それからこの作品には、家族に対する素晴らしいメッセージがあると思ったの。自分たちの子どもを連れて観ることができる、素晴らしい作品だとも思ったわ。もちろん私の子どもも連れて行くつもりよ」と話してくれた。

タイトルの『グッド・ライ』とは、自分ではなく誰かのためを思ってつく“よいウソ”のこと。リースもそうした嘘をつくことがあるのかといえば、「もちろん。だって、俳優って仕事自体が、ウソをつくのがすごく上手いってことだと思うから(笑)。でしょ?」と、笑顔を見せるリース。

劇中で彼らがどんな“ウソ”をつき、物語が変わっていくのか。その行く末は劇場で確かめてみて。

『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』は4月17日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top