【シネマVOYAGE】NY街中を“音楽”が彩る! 『はじまりのうた』をなぞる旅へ

最新ニュース

『はじまりのうた』(c)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『はじまりのうた』(c)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
  • キーラ・ナイトレイ/『はじまりのうた』(c)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『はじまりのうた』(c)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
  • キーラ・ナイトレイ&アダム・レヴィーン(マルーン5)/『はじまりのうた』-(C) 2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『はじまりのうた』(c)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『はじまりのうた』未公開画像 (c)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『はじまりのうた』(c)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
  • キーラ・ナイトレイ&アダム・レヴィーン(マルーン5)/『はじまりのうた』-(C) 2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
あてもなくひとり街を歩きたくなるときって、どんな時だろう──。自分が抱えている問題の答えを見つけたいとき、日々の忙しさから逃れてほっとひと息入れたいとき、仕事のアイデアを求めているとき、恋に傷ついてしまったとき…などさまざまですが、そこに素敵な音楽、その時の自分にあう音楽があれば、ありふれた街の景色が一瞬にして自分だけの空間と化す。それは言ってみればとても小さなひとり旅でもあります。

ニューヨークの街が舞台の映画『はじまりのうた』にも小さな旅はたくさん描かれていて、その旅の途中で出会ったのは、恋人デイヴの浮気が発覚して家を飛び出したシンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)と落ち目の音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)。ライブハウスで偶然グレタの弾き語りを聴き彼女の才能に惹かれたダンは、一緒にアルバムを作ろうと声をかけ、そこから物語が始まります。ただ、無名のミュージシャンと会社をクビになったプロデューサーにアルバム制作の予算があるはずもなく、彼らはニューヨークの街中でレコーディングをすることを思いつくんです。

こだわったのはそのロケ場所。「目で見て選ぶな、アルバムを録音したくなる場所を選べ」という監督の指示によって選ばれたのは、路上、ビルの屋上、公園、地下鉄…。ニューヨークのあらゆる場所で撮影をしているんです。街の喧噪も伴奏にしてしまうというアイデアがとてもユニーク。数多くの映画でニューヨークの街並がスクリーンに映し出されてきましたが、同じセントラルパークでもワシントン・スクエア公園でも“録音したくなる場所”という視点で描かれるとまた違う画として映し出されるから不思議です。

グレタとダンが出会うバーは「Arlene’s Grocery」、グレタとデイヴが再開するカフェは「Schiller’s Liquor Bar」、デイヴが「Lost Stars」(アカデミー賞歌曲賞ノミネート!)を歌ったライヴ会場は「Beacon Theater」で撮影。ニューヨークの街を歩いて、お茶をして、ライヴを見て、お酒を飲んで…そんなふうに『はじまりのうた』をなぞる旅もいいですし、ニューヨークへの旅が難しかったとしても、この映画のサントラを持ってどこかの街をふらりと歩くだけで、その場所はもう小さな旅先に──。

音楽と一緒に映画のワンシーンワンシーンが心に刻まれるから音楽を聴くたびにこの映画を思い出す。そしてしあわせな気持ちになる。『はじまりのうた』は、傷ついてもいいよ、泣いてもいいよ、ヘコんでもいいよってそっと心に寄り添って励ましてくれるとてもあたたかい映画、音楽の力を感じる映画です。
《text:Rie Shintani》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top