“ハンチョウ”佐々木蔵之介、比嘉&福士の熱愛「知らなかった」

最新ニュース

佐々木蔵之介/一人芝居に挑む舞台「マクベス」製作発表会
  • 佐々木蔵之介/一人芝居に挑む舞台「マクベス」製作発表会
  • 佐々木蔵之介/一人芝居に挑む舞台「マクベス」製作発表会
  • 佐々木蔵之介/一人芝居に挑む舞台「マクベス」製作発表会
  • 佐々木蔵之介&アンドリュー・ゴールドバーグ(日本版演出)/舞台「マクベス」製作発表会
  • 佐々木蔵之介/一人芝居に挑む舞台「マクベス」製作発表会
  • 佐々木蔵之介&アンドリュー・ゴールドバーグ(日本版演出)/舞台「マクベス」製作発表会
  • 佐々木蔵之介/一人芝居に挑む舞台「マクベス」製作発表会
  • 佐々木蔵之介/一人芝居に挑む舞台「マクベス」製作発表会
俳優の佐々木蔵之介が2月12日(木)、一人舞台に挑む「マクベス」の製作発表会見に出席。同日、主演ドラマ「ハンチョウ~警視庁安積班~」で共演した比嘉愛未と福士誠治の熱愛が報じられたが、佐々木さん自身は「知らなかった」と驚きの表情だった。

シェイクスピアの同名戯曲を原作に、その全登場人物を精神病院の隔離患者(佐々木さん)の”内面”が追体験し、演じきるというスコットランド・ナショナル・シアター(NTS)版「マクベス」。今回、NTSの全面協力で、オリジナル演出による日本語版の上演が実現する。

彼を見守る看護師と女医も登場するが台詞はほとんどなく、約100分間の本編はほぼ佐々木さんの独壇場となり、「数えてみたら、演じる役は20くらい(笑)。台詞も膨大ですし、体力、精神力の両面で心配と不安しかない」と戦々恐々。

これまで、一人芝居のオファーは「断り続けてきた」そうで、「出演を決めた理由? それが覚えていないんですよ…。マネージャーにも『やるって言ったっけ?』って確認したほど。やる気はあるが、逃げる準備もできている」と笑いを誘った。

それでも「難解でもエキサイティング。本場のスタッフに来ていただき、演劇をやっている人間にとって、こんな機会はめったにないし光栄。カッコいい台詞ばかりで、役者冥利に尽きる」と武者震いしていた。

都内で行われた会見には、佐々木さんに加えて、日本版演出を手がけるアンドリュー・ゴールドバーグ氏が出席。夏の公演を前に、すでに佐々木さんとのワークショップが進んでいると言い、「台詞は日本語ですが、(外国人の)私にも佐々木さんの繊細さ、知性、シナリオの深い理解度が伝わった。素晴らしい演技は、文化も国境も超えた普遍的なものだと改めて実感している」と太鼓判。

また、「すべては佐々木さんの演技にかかっている。声と身体を使って、表現の多様性を見せるのは大変だが、20人分の演技を頑張ってほしい」と期待を寄せていた。

佐々木さんが主演する舞台「マクベス」は7月12日(日)から東京・渋谷のパルコ劇場で上演。豊橋、大阪、横浜、北九州での公演も行われる。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top