困難も“一緒に”…エディ・レッドメイン主演作から幸せ溢れるビジュアル到着

映画

『博士と彼女のセオリー』-(C) UNIVERSAL PICTURES
  • 『博士と彼女のセオリー』-(C) UNIVERSAL PICTURES
  • 『博士と彼女のセオリー』-(C) UNIVERSAL PICTURES
  • 『博士と彼女のセオリー』 (c)UNIVERSAL PICTURES
  • 『博士と彼女のセオリー』 (c)UNIVERSAL PICTURES
  • 『博士と彼女のセオリー』 (c)UNIVERSAL PICTURES
  • 『博士と彼女のセオリー』 (c)UNIVERSAL PICTURES
  • エディ・レッドメイン/『博士と彼女のセオリー』 (c)UNIVERSAL PICTURES
“車椅子の天才物理学者”スティーヴン・ホーキング博士を好演し、アカデミー賞主演男優賞の最有力候補といわれているエディ・レッドメインの渾身作『博士と彼女のセオリー』。この度、2月14日(土)バレンタイン・デーを記念し、エディ扮するホーキング博士とフェリシティ・ジョーンズ演じる妻・ジェーンの幸せあふれるビジュアルがひと足先にシネマカフェに到着した。

ジェーン・ホーキング著「Travelling to Infinity: My Life with Stephen」を基に、スティーヴン・ホーキング博士の半生と、彼を支え続けた妻との純愛を描く感動のヒューマン・ラブストーリーを描く本作。『レ・ミゼラブル』で自由主義者の青年マリウスを演じたエディ・レッドメインと、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフへの出演もうわさされているフェリシティ・ジョーンズが好演する。

ホーキング博士がケンブリッジ大学在学中にジェーンと出会い、たちまち2人は恋に落ちる。そんな中、ホーキングは難病ALSと診断され、余命2年と告げられてしまったことから別れを決意するのだが、彼女は、厳しい選択に迫られるも「あなたと一緒にいたい。たとえ長い間でなくても…」と困難に立ち向かう決心をするのだ。

このときのことをフェリシティは、「2人は会った瞬間に性的に惹か、同時に頭脳の出会いがあったと思うの。お互いに挑戦し合ったのだとも思うわ。2人の間には競争心が合ったでしょうし、それはかなり異なる2人の人間の出会いにはよくあるものだと思います。そしてその2人の違いがどういうわけか2人を結びつけた、そう思うわ」と分析している。

そして一緒に生きていくことを誓った彼らは、今回解禁となったビジュアルでも確認できるように、たくさんの参列者に見守られながら、美しい花が咲き乱れる庭で幸せそうに結婚式を挙げるのだ。

もう1枚のビジュアルは、結婚生活を始め子どもが生まれるも、徐々に病気の影響で身体が不自由になったホーキングのために、彼の寝室を2階から1階のキッチンへ移動したある日、ジェーンが彼の元へやってくるシーン。ホーキングは、話すことも困難になってきている状況で、彼女に一言「ありがとう」と感謝の言葉を伝える印象的なシーンとなっている。

エディは、ジェーンの存在について「成功の裏で博士を支えたジェーンは偉大だよ。そして彼自身の強さと家族の存在が博士の人生を実りあるものにしたんだ!」と家族の支えなくして、ホーキング博士の偉業は成し遂げられなかったと語っている。

家族、恋人、友人、上司、はたまた近所の人…誰かの支えがあって生きている、そんな大切なことを気づかせてくれる本作。ホーキング博士のように「ありがとう」と伝えるのが苦手な人はぜひ、“バレンタイン”というイベントを使って“感謝の気持ち”を伝えてみて。

『博士と彼女のセオリー』は3月13日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top