【予告編】演技未経験の少年が魅せる“リアル”…『あの日の声を探して』

映画

『あの日の声を探して』ポスター -(C) La Petite Reine / La Classe Americaine / Roger Arpajou
  • 『あの日の声を探して』ポスター -(C) La Petite Reine / La Classe Americaine / Roger Arpajou
  • 『あの日の声を探して』-(C) La Petite Reine / La Classe Americaine / Roger Arpajou
  • ミシェル・アザナヴィシウス監督/『あの日の声を探して』-(C) La Petite Reine / La Classe Americaine / Roger Arpajou
現代の白黒無声映画『アーティスト』でアカデミー賞作品賞、監督賞ほか全5部門を受賞したミシェル・アザナヴィシウス監督が手掛ける『あの日の声を探して』。アザナヴィシウス監督の公私にわたるパートナーである『アーティスト』『ある過去の行方』のペレニス・ベジョと再タッグを組んだ本作から涙なしでは見られない予告編が公開された。

1999年、ロシアに侵攻されるチェチェン。両親を目の前で殺され、声を失った9歳の少年ハジ。一人放浪する彼はEU職員キャロル(ペレニス・ベジョ)に拾われる。彼が伝えたかったこととは? 生き別れた姉弟と再び会うことはできるのか…?

アカデミー賞受賞によって比類なき才能を全世界に知られることになったミシェル・アザナヴィシウス監督が、1946年にアカデミー賞4部門ノミネートされたフレッド・ジンネマン監督の『山河遥かなり』から着想を得て製作した本作。

今回公開された映像には、両親を目の前で殺されたショックで、声を発することができなくなってしまったハジ。不安そうな表情で赤ん坊の弟を抱く姿や、泣きながら両親の絵を描く姿に目を奪われる。ハジの何かを伝えるために言葉を発しようする姿は観る側に、“失う”という悲しみを容赦なく突き付ける。



一方で、必至で生きようとするハジの姿にペレニス演じるキャロルも背中を押され、彼を“守ろう”という気持ちが芽生える様子が分かる。

撮影は、全編手持ちカメラでチェチェンに隣接するグルジアでロケを敢行したという。ロケ中もセットはほとんど使わず、合成も使わないという徹底したリアルを追求し、衝撃的な映像の数々を残した。

まずは、こちらの映像から演技未経験である10歳の少年の壮絶な演技とリアルな映像をご覧あれ。

『あの日の声を探して』は4月24日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top