小出恵介、モテモテ“慶応ボーイ”のはずが…思わぬ人生の変遷に後悔?

最新ニュース

小出恵介/連続ドラマW「天使のナイフ」制作発表会見
  • 小出恵介/連続ドラマW「天使のナイフ」制作発表会見
  • 小出恵介&倉科カナ&藤本泉&千葉雄大&ラサール石井/連続ドラマW「天使のナイフ」制作発表会見
  • 藤本泉/連続ドラマW「天使のナイフ」制作発表会見
  • 永山耕三(監督)/連続ドラマW「天使のナイフ」制作発表会見
  • 薬丸岳(原作者)/連続ドラマW「天使のナイフ」制作発表会見
  • 小出恵介/連続ドラマW「天使のナイフ」制作発表会見
  • 小出恵介/連続ドラマW「天使のナイフ」制作発表会見
  • 小出恵介&倉科カナ&藤本泉&千葉雄大&ラサール石井/連続ドラマW「天使のナイフ」制作発表会見
WOWOWの連続ドラマW「天使のナイフ」に出演する小出恵介、倉科カナ、千葉雄大、藤本泉らが2月18日(水)に開催された制作発表会見に出席し、トークを繰り広げて会場を沸かせた。

第51回江戸川乱歩賞を満場一致で受賞した薬丸岳のミステリー小説を、「それでも、生きていく」などのドラマを手がけてきた永山耕三がメガホンを握り映像化。妻を少年に殺された主人公を通じて少年法の是非や更生、贖罪について問いかける。

“更生”をテーマにした作品にちなんで、「人生でやり直したいと思うこと」「後悔していること」を問うと、倉科さんは「幼少期に幼稚園の昼寝の時間が大キライで金網をよじ登って家に帰っていた」という思い出を告白。本作で倉科さんは保育士を演じており「いま、すごく反省してます…(笑)」と語り笑いを誘う。

千葉さんは、小学校の頃の“自習”にまつわる思い出を告白。当時、何を書いてもいい「自習ノート」というのがあったそうで、それを先生に提出していたそうだが、千葉さんは「恋愛漫画を描いてたんですが、見返してみるとそれが誰にも見せたくないようなもので…(苦笑)。先生はこれを見てどんな気持ちだったんだろう…? と思います」と恥ずかしそうに後悔を口にする。

そして、小出さんが語ったのは高校時代の思い出。小出さんは慶応高校に進学したが、男子校ながらもかなり「モテる学校だった」とのこと。しかし、小出さんは体育会系の硬派なバスケ部に在籍し、その練習のために、女子高生との交流という意味で最も大事な「文化祭に行かせてもらえなかった…」と無念をにじませる。大学はそのまま慶応大学に進み、共学ではあったが「すぐにこの仕事を始めたので(女性との)交流がなかった。その辺のところをもう少し…」とモテるべき時期に女性と交流することが出来なかったことへの悔しさを口にしていた。

そんな小出さんだが、その無念をはらすべく(?)この日は“両手に花”のモテ男気分を味わうことに! 2月20日に31歳の誕生日を迎えるため、サプライズで誕生ケーキが運び込まれ、妻役を演じた藤本さん、そして倉科さんからケーキを食べさせてもらった。藤本さん、倉科さんの「アーン」という言葉に大きく口を開けてパクリとケーキをと頬ばり、顔にクリームを付けたまま「おいしいです!」とゴキゲンな笑みを浮かべていた。

連続ドラマW「天使のナイフ」は2月22日(日)22:00~WOWOWにて放送開始(全5話/第1話無料放送)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top