松井珠理奈、ウエディングドレスや喪服姿…中学生から20代までを熱演!『振り子』

映画

松井珠理奈/『振り子』-(C) 2014『振り子』製作委員会
  • 松井珠理奈/『振り子』-(C) 2014『振り子』製作委員会
  • 中村獅童&小西真奈美&松井珠理奈/『振り子』-(C) 2014『振り子』製作委員会
  • 松井珠理奈/『振り子』-(C) 2014『振り子』製作委員会
  • 松井珠理奈/『振り子』-(C) 2014『振り子』製作委員会
  • 松井珠理奈/『振り子』-(C) 2014『振り子』製作委員会
中村獅童と小西真奈美を夫婦役に迎えて、結婚、出産、夢の実現、そして別れまでを描いた鉄拳のパラパラ漫画を映画化した『振り子』。本作で二人の娘・心晴を可憐に演じるのが、「SKE48」「AKB48」のメンバーである松井珠理奈だ。この度、彼女が中学生から20代までの約15年間を見事に表現したビジュアルが到着。セーラー服、パジャマ、ウエディングドレス、そして喪服姿まで披露していることが明らかになった。

1976年――ひょんなことから出会った大介とサキ。これが2人の歩む「数奇な運命」の始まりだった。商店街の人々に見守られ、夢だったバイク屋を経営しながら暮らしていた大介一家。ところがある日、バイク屋が倒産。家族の歯車が狂い始める。そんな矢先、サキが倒れて寝たきりの状態に。大介はサキを元に戻そうと懸命に努力するが2人に待っていたのは予想外の結末だった。昭和から平成…「振り子時計」が刻んだ夫婦の歴史。そして、2人が夢見た21世紀に待っていたのは…?

第6回沖縄国際映画祭で「TV DIRECTOR’S MOVIE」部門で主演男優賞、主演女優賞をW受賞し話題となった本作。中村さんと小西さん、松井さんのほかにも板尾創路、研ナオコ、小松政夫、中尾明慶、武井壮、山本耕史、武田鉄矢らが個性豊かなキャラクターが顔を揃える中、原作者・鉄拳さん自身も“素顔”で出演を果たしているという。

今回公開されたビジュアルは、昭和から平成にかけての心晴の成長ぶりが分かるビジュアル。ツインテールでセーラー服を着て、両親役の中村さんと小西さんの間で笑顔を見せる松井さんや、2本ラインの入ったジャージ、黒一色でありながらも清楚感が漂う喪服姿、そして人生で最高の笑顔を見せるウエディングドレス姿を披露し、少し懐かしい昭和の娘が大人へと成長していく普通の女の子を好演している。

特に喪服姿を披露するのは本作が初めて。これについて松井さんは「初めて喪服を着て泣くシーンに臨みました。脚本を読んでいる段階では何度も涙が出たのですが、いざ撮影のとき、なぜか涙が出なくて。でも周りの方々に励まされやり遂げることができました。そのシーンは是非劇場で観て欲しいです」とふり返る。



本作のメガホンをとった竹永典弘監督は松井さんについて「実年齢に近い中学や高校時代はもちろんだが、今回は20代の少し大人の落ち着いた雰囲気を見事に表現している」と絶賛している。

『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』の公開も控える松井さん。本作では、ベテラン俳優陣の中でどのように輝きをみせるのか、注目しながら観てみて。

『振り子~furiko~』は2月28日(土)より角川シネマ新宿、池袋シネマ・ロサほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top