佐々木希「あったかいんだからあ」ネタ披露 親友・木下優樹菜の家庭を語る

最新ニュース

「あったかいんだからあ」を披露した佐々木希&親友の木下優樹菜
  • 「あったかいんだからあ」を披露した佐々木希&親友の木下優樹菜
  • 佐々木希/『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~』トークイベント
  • 木下優樹菜/『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~』トークイベント
  • 「あったかいんだからあ」を披露した佐々木希&親友の木下優樹菜
  • 「あったかいんだからあ」を披露した佐々木希&親友の木下優樹菜
  • 佐々木希/『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~』トークイベント
  • 木下優樹菜/『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~』トークイベント
  • 「あったかいんだからあ」を披露した佐々木希&親友の木下優樹菜
佐々木希が2月19日(木)、都内で行われた出演作『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~』のPRイベントに、親友でタレントの木下優樹菜とともに出席。「優樹菜の家庭は、あったかいんだからあ」とお笑いコンビ「クマムシ」の人気フレーズを披露した。

故郷である奥能登のさいはての海辺に帰り、焙煎珈琲店を開いた岬と、この地に住むシングルマザーの絵里子(佐々木さん)。生き方も価値観も全く異なる2人が出会い、やがてそれぞれが本当の自分、そして大切なものに気づいていく姿を丁寧に描き出す。女優の永作博美が岬を演じ、アジアの名匠エドワード・ヤンの後継者とも目される台湾出身の女性監督・姜秀瓊(チアン・ショウチョン)がメガホンをとった。

母親を演じるのは、これが初めてで「母親になったことがないので、分からない部分も多くて、結構苦戦しましたね。自分なりに家族に対する愛情と照らし合わせた」と佐々木さん。「でも、早く母親になりたいなという気持ちもあります」と母性の目覚めもアピールした。

片や、一児の母親である木下さんは「同じ母親として、共感できたよ。私なんて、映画を見て4回も泣いちゃった」と感動しきり。「長い付き合いの希が女優として頑張っている姿は、親友として感極まった」と話すと、佐々木さんも「優樹菜に褒めてもらうことって、なかなかないから嬉しいですね」と笑みを浮かべていた。

木下さんの夫で、フジモンこと「FUJIWARA」の藤本敏史について話題が及ぶと、「ブスは髪型やファッションで変えることができる。私もすっかりプロデュース力がついた」(木下さん)、「言われてみれば、フジモンはどんどんオシャレになっている」(佐々木さん)と語り合っていた。

映画『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~』は2月28日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top