蒼井優、「またアリスを演じたい」と意欲! 『花とアリス』は終わらない?

最新ニュース

蒼井優/『花とアリス殺人事件』初日舞台挨拶
  • 蒼井優/『花とアリス殺人事件』初日舞台挨拶
  • 岩井俊二監督&蒼井優&鈴木杏/『花とアリス殺人事件』初日舞台挨拶
  • 蒼井優&鈴木杏/『花とアリス殺人事件』初日舞台挨拶
  • 蒼井優&鈴木杏/『花とアリス殺人事件』初日舞台挨拶
  • 蒼井優/『花とアリス殺人事件』初日舞台挨拶
  • 蒼井優/『花とアリス殺人事件』初日舞台挨拶
  • 鈴木杏/『花とアリス殺人事件』初日舞台挨拶
  • 鈴木杏/『花とアリス殺人事件』初日舞台挨拶
女優の蒼井優が2月20日(金)、声優として出演した『花とアリス殺人事件』の初日舞台挨拶に出席。実写映画『花とアリス』以来、約11年ぶりにアリスを演じ「私にとっては大切な2部作。どんな形であれ、またアリスを演じたい」と“続投”に意欲を燃やした。

2004年に公開された実写映画『花とアリス』の前日譚を長編アニメーション化。東京・新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶には蒼井さんを始め、共演する鈴木杏、『花とアリス』生みの親であり、今回アニメ初挑戦となった岩井俊二監督が登壇した。

石ノ森学園中学校へ転校してきた中学3年生の有栖川徹子(通称:アリス/声:蒼井さん)が、花屋敷と呼ばれる隣家に暮らす不登校のクラスメイト・荒井花(通称:ハナ/声:鈴木さん)とともに、1年前に起こった「ユダが、4人のユダに殺された」奇妙な事件の真相を追う。

ハナ役で声優を務めた鈴木さんは、「(アニメという)予期せぬ再会でしたが、改めて自分にとっての大切な存在だと気づかされた。やっぱりこの二人は、愛らしくて胸がつまる」と感無量の面持ちだった。

一方、岩井監督は「まるで巣立つ娘を見届ける父親のような、複雑な気持ち」と苦労が絶えなかった初のアニメ演出にしみじみ。それでも、蒼井さんの「またアリスを演じたい」というコメントを受けて、「いつ卒業できるやら…。良くも悪くも引きずっている作品なので、まだ終わらないかも」と世界観のさらなる発展を示唆していた。

また、プライベートでも親友同士だと言う蒼井さんと鈴木さんは、「この映画を見れば、自分の親友のありがたみや出会えた素晴らしさを感じることができるはず」(蒼井さん)、「友情って気づいたら生まれるもの。パワーあふれる10代が貴重な時間だと共感してもらえる」(鈴木さん)と本作のテーマである“友情”や“青春”について語っていた。

『花とアリス殺人事件』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top