キャメロン・ディアスが最低女優賞! 最低映画に贈るラジー賞が決定

最新ニュース

キャメロン・ディアス-(C) Getty Images
  • キャメロン・ディアス-(C) Getty Images
  • キャメロン・ディアス-(C) Getty Images
  • キャメロン・ディアス-(C) Getty Images
毎年アカデミー賞授賞式前日に発表される、最低映画を表彰するラジー賞こと第35回ゴールデンラズベリー賞が21日(現地時間)に決定。

最多7部門ノミネート作『トランスフォーマー/ロストエイジ』のマイケル・ベイ監督が最低監督賞、先月結婚したばかりのキャメロン・ディアスが最低女優賞に輝いた。

先月5日にロックバンド「グッド・シャーロット」のベンジー・マッデンと挙式したキャメロンは『The Other Woman』(原題)、『Sex Tape』(原題)の主演作2本が対象。実は『ANNIE/アニー』でも助演女優賞候補になっていたが、こちらの受賞は逃した。

最低作品賞は、80年代の人気TVシリーズ『愉快なシーバー家』で知られるカーク・キャメロン主演の『Kirk Cameron’s Saving Crhistmas』(原題)が受賞。カークは最低男優賞を受賞、作品はほかに最低脚本賞、最低スクリーンコンボ賞もゲット、最多4部門で受賞した。最低助演男優賞は『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』や『トランスフォーマー/ロストエイジ』などに出演したケルシー・グラマー、最低助演女優賞は『ミュータント・タートルズ』のミーガン・フォックス。

『ミュータント・タートルズ』のプロデューサーでもあるマイケル・ベイは、2009年の『トランスフォーマー/リベンジ』に続く2度目の最低監督賞受賞となり、すっかりラジー賞に欠かせない存在となった。

受賞結果は以下の通り。

最低映画賞:『Kirk Cameron's Saving Christmas』(原題)
最低男優賞:カーク・キャメロン(『Kirk Cameron's Saving Christmas』原題)
最低女優賞キャメロン・ディアス(『The Other Woman』『Sex Tape』ともに原題)
最低助演男優賞:ケルシー・グラマー(『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』『トランスフォーマー/ロストエイジ』)
最低助演女優賞:ミーガン・フォックス(『ミュータント・タートルズ』)
最低スクリーンコンボ賞:カーク・キャメロンと彼のエゴ(『Kirk Cameron's Saving Christmas』原題)
最低前日譚、リメイク、パクリ、続編映画賞:『ANNIE/アニー』
最低監督賞:マイケル・ベイ(『トランスフォーマー/ロストエイジ』)
最低脚本賞:『Kirk Cameron's Saving Christmas』(原題)
ラジー名誉挽回賞:ベン・アフレック(ラジー受賞作の『ジーリ』からオスカー候補作の『アルゴ』『ゴーン・ガール』へ)
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top