伊勢谷友介、「花燃ゆ」ラッピング電車に大テレ! 「恥ずかしい」

最新ニュース

「花燃ゆ」ラッピング電車・出発式で敬礼、伊勢谷友介(吉田松陰役)
  • 「花燃ゆ」ラッピング電車・出発式で敬礼、伊勢谷友介(吉田松陰役)
  • 「花燃ゆ」ラッピング電車・出発式に出席した、伊勢谷友介(吉田松陰役)
  • 「花燃ゆ」ラッピング電車・出発式に出席した、伊勢谷友介(吉田松陰役)
  • 「花燃ゆ」ラッピング電車・出発式
  • 「花燃ゆ」ラッピング電車・出発式に出席した、伊勢谷友介(吉田松陰役)
  • 「花燃ゆ」ラッピング電車・出発式に出席した、伊勢谷友介(吉田松陰役)
  • 「花燃ゆ」ラッピング電車・出発式
  • 「花燃ゆ」ラッピング電車・出発式に出席した、伊勢谷友介(吉田松陰役)
俳優の伊勢谷友介が2月27日(金)、東急世田谷線・上町駅で行われた大河ドラマ「花燃ゆ」ラッピング電車の出発式に出席。主演を務める井上真央らと共に、車両にデザインされた自身の姿に「恥ずかしいと言えば、恥ずかしいですね」と大テレだった。

世田谷線沿線に吉田松陰をまつる「松陰神社」があることから、世田谷線の開業90周年を記念し、「花燃ゆ」のビジュアルをあしらったラッピング電車が、同日から5月30日(土)まで運行される。世田谷線で大河ドラマのラッピング電車が走るの初めてのこと。

現在、松陰を演じる伊勢谷さんにとって、世田谷線沿線は“地元”だと言い、「学生時代は、自転車でよくこの辺りに来ていた」のだとか。これまでも松陰神社を数回参拝しているそうで、「松陰先生は自分が知り得たことを、実行に移した行動力のある稀有な人間。いまを生きる僕らにも、民間から世の中を変えられる勇気を与えてくれた」と熱弁した。

自身の立ち上げた団体「REBIRTH PROJECT」を通して環境問題などにも積極的に取り組んでおり、「未来が難しい局面にあるなか、自分が得た知識から行動を起こす。松陰先生が掲げる“知行合一”をモットーにしている」と話していた。

報道陣に「出発進行!」のポーズを求められると、指さし確認したり、敬礼をしたりと慣れない所作に悪戦苦闘する場面も。また、自分が写る「花燃ゆ」のポスタービジュアルに対し「僕はどこに向かって、指をさしているんでしょうね(笑)」とツッコミを入れていた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top