エル・ファニング、近未来でニコラス・ホルトの花嫁に『マッド・ガンズ』公開

映画

『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
トム・ハーディ主演『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に抜擢されたニコラス・ホルトと『マレフィセント』のエル・ファニングのハリウッドを担う次世代スターの最強タッグが実現した映画『マッド・ガンズ』(原題:YOUNG ONES)。その日本公開が、3月28日(土)に決定し、ただならぬ様相の場面写真が到着した。

果てしなく続く干ばつの影響で、貴重な水をめぐる争いが絶えない近未来。渇ききった荒野の一軒家で、メアリー(エル・ファニング)、ジェローム(コディ・スミット=マクフィー)というふたりの子と暮らすアーネスト(マイケル・シャノン)は、かつての実り豊かな農場を甦らせることを夢見ていた。

そのアーネストがある日突然、謎めいた死を遂げてしまう。悲しみに打ちひしがれるメアリーと結婚し、ジェロームの父親代わりとなったのは隣家の青年フレム(ニコラス・ホルト)だった。だが、アーネストの遺志を継ぐかのように振る舞うフレムの内には、恐るべき歪んだ野心が渦巻いていた…。

荒廃し“乾いた”近未来の世界で、宿命的に幕を開ける生き残りを賭けた復讐劇を描いたサバイバルアクションとなる本作。

メインキャストには、『X-MEN:フューチャー&パスト』など大作への出演が相次ぎ、今夏には『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の公開も控えるニコラス・ホルト、『マレフィセント』の美しく芯の強いオーロラ姫役で世界中を魅了したエル・ファニング、そして『モールス』でクロエ・グレース・モレッツの相手役を務め、『猿の惑星:新世紀』でも繊細な演技力を披露したコディ・スミット=マクフィーと、ハリウッドの次世代を担う若手スター3人が集結。

さらに、『マン・オブ・スティール』のゾッド将軍役や『テイク・シェルター』などで知られる個性派俳優マイケル・シャノンが、若き3人と濃密なアンサンブルを繰り広げ、SFのエッセンスをはらむ独特の世界観で新たなるディストピアを創りあげている。

『マッド・ガンズ』は3月28日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top