【予告編】ニコラス・ホルト×エル・ファニング、復讐の真意とは…『マッド・ガンズ』

映画

『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
  • 『マッド・ガンズ』 (c) 2014 Subotica Limited / Spier Films All Rights Reserved
今夏、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の公開が控えるニコラス・ホルト、『マレフィセント』で注目を集めたエル・ファニングらが豪華共演を果たす『マッド・ガンズ』から予告編が到着。荒廃した近未来を舞台に、彼らが見せる命をかけた“復讐劇”の一端が明らかになった。

果てしなく続く干ばつの影響で、貴重な水をめぐる醜い争いが絶えない近未来。渇ききった荒野の一軒家で、メアリー(エル・ファニング)、ジェローム(コディ・スミット=マクフィー)というふたりの子と暮らすアーネスト(マイケル・シャノン)は、ある日、謎の死を遂げる。悲しみに打ちひしがれるメアリーと結婚し、ジェロームの父親代わりとなったのは、隣家の青年フレム(ニコラス・ホルト)。だが、アーネストの遺志を継ぐかのように振る舞うフレムの内には、恐るべき野心が渦巻いていた――。

ニコラス・ホルト、エル・ファニング、さらに『モールス』『猿の惑星:新世紀』で繊細な演技力を披露したコディ・スミット=マクフィーと、次世代のハリウッドを担う若手スター3人と個性派マイケル・シャノンの豪華共演が実現し、“水”を求めて争う近未来の世界を描く本作。

解禁された予告編では、水が枯渇し、荒廃した世界で生き残りを賭けて戦う男たちの姿が、冒頭から映されている。だが、エルとコディ扮するメアリー&ジェローム姉弟の父親が、ある日突然、志半ばで謎めいた死を遂げてから事態は一変。まだあどけなさの残るジェロームが、ニコラス演じる青年フレムの秘密に気づいたとき、彼に銃を向ける…。



映像では、バイクを駆るニコラスの姿や、エルとの初々しい結婚式のシーンもお披露目。近未来を思わせるメカも登場してはいるものの、取り乱して泣き崩れるエルの姿は、荒廃した世界での壮絶な復讐劇を予感させている。

『マッド・ガンズ』は3月28日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top